SKE48

SKE48 Mobile for SMARTPHONE

やっぱり劇場公演は楽しいな

SKE48の活動の中心はなんと言ってもほぼ毎日名古屋市栄のSKE48劇場で開催されている劇場公演です。
ライブは生ものと言われますが、決まった演目そしてほぼ決まった出演者でありながら、毎回全く違うパフォーマンスはもちろんですが、メンバーの意外な側面を教えてくれるMCも魅力の一つです。

「栄にそうそう行けないよ」という方も多いかと思いますが、公演の模様はDMM LIVE! ON DEMANDで毎回生配信&公演日深夜よりオンデマンド配信を行っており、在宅のみなさんもいながらにしてSKE48をお楽しみいただけます。
DMM LIVE! ON DEMANDはこちら

さて、今週は月曜から木曜まで毎日、メンバーの誕生日を祝う生誕祭が行われていました。 ということでモバイルも劇場に常駐。
生誕祭のレポートはこちらをご覧いただくとして、ここでは生誕祭の日に劇場で起こったトピックをご紹介します。

12/3 チームS「重ねた足跡」公演・松井珠理奈生誕祭


この日は、休養を続けていた松井珠理奈が、一部出演ではありましたが劇場公演に復帰した日でした。
チームSのメンバーの休演があり、他チームからサポートで片岡成美、倉島杏実、そして松井珠理奈の大ファンである福士奈央が参加しました。
福士奈央にとって松井珠理奈の生誕祭に出演するのは最初で最後(たぶん)、公演ラストではハグされるという福士奈央にとって大切な1日となりました。(3連写でお届けします)




「重ねた足跡」のユニット曲1曲め『赤いピンヒールとプロフェッサー』は毎回日替わりでメンバーが交代します。
この日は、野村実代が初めて『赤いピンヒールとプロフェッサー』に出演。
これまで本人もやりたいと熱望し、「みよまるの赤ピンが見たい」というリクエストが多かっただけに、ステージに姿を見せた時はオーーーーと期待の声が会場から湧き上がりました。


この日は、「福士奈央の靴が脱げるが曲中で踊りながら履き直す」というミラクルもあったようですが、モバイルのカメラもDMMのカメラも追いきれていませんでした。

12月4日チームS「重ねた足跡」公演・松本慈子生誕祭


ドラフト1期生としてチームSに加入した松本慈子。この日の公演は同期のチームE・福士奈央が公演に参加。初めて同期のいる生誕祭となりました。

チームメンバー休演による他チームからのサポート出演で生まれたドラマでした。

「重ねた足跡」公演は12月7日よりユニット曲が変更となります。ユニット曲コーナーのバラエティ部門(?)を担当する『愛のルール』では、久々に幼稚園児役が復活。
それだけでもワクワクするのにその幼稚園児役が、19歳・SKE48一身長が低い西満里奈ということで、ファンの皆さんも大盛り上がり。
西も全力で幼稚園児役をやりきりました。


出演終了後、西に「やりきったね」と感想を伝えると「世界一です!」と自信満々でした。

12月5日 チームKII「最終ベルが鳴る」公演 竹内彩姫生誕祭


江籠裕奈が中京テレビさんの「」収録のため休演したこの日の公演の最大の注目は、ユニット曲『雄おしべとめしべと夜の蝶々』を誰がやるのか、という点。
江籠裕奈(18歳)と古畑奈和(21歳)の同期コンビが毎回濃密なパフォーマンスを繰り広げるこの曲で、江籠裕奈のアンダーを努めたのは16歳の白井琴望。


なお、曲中のセリフは毎回変わります。以前、古畑奈和休演で高木由麻奈が代わりを務めた次の公演では、古畑奈和が江籠裕奈を「浮気したでしょ」となじる台詞になっていました。次の公演の江籠裕奈のセリフが気になります。

現在研究生がいないSKE48。ということで本来研究生が務めるバックダンサーも正規メンバーが担っています。『ごめんね ジュエル』もその一つ。昇格してからも公演スタート時の研究性(ドラフト3期生と8期生)が担当していましたが、この日はチームSから上村亜柚香、北川愛乃、坂本真凛、チームEの倉島杏実の4人が立候補。



この4人のバックダンサーぶりはもちろんですが、チームSの先輩の参加に奮起したのか普段以上にダイナミックに踊る中野愛理(バックダンサーほぼ皆勤)にも注目です

12月6日チームE「SKEフェスティバル」公演 井田玲音名生誕祭

公演では、ツインテールの日には全員ツインテールをするなどメンバーが普段しない髪型をすることがあります。
生誕祭ではその日の主役メンバーが髪型を指定していいという暗黙のルールがあります。
ということでこの日は相川暖花が、めったにしないポニーテールに。去年の生誕祭の時から約束していたそうです。


「SKEフェスティバル」公演では、アンコールで研究生によるMCコーナーが設けられていました。 全員が昇格した後も、9月のリクエストアワーで昇格した一部の8期生とドラフト3期生によるMCが続いていましたが、この日はチームS・井上瑠夏が登場。

8期生の中で最も早く昇格したため、このMCコーナーへの参加はごく少数。会場から大きな歓声が巻き起こっていました。

しかし、登場時のインパクトは11月30日の公演に敵うものはないでしょう。
この日の担当は6期生・青木詩織。

登場時のどよめきはぜひはDMM LIVE! ON DEMANDアーカイブでご確認ください。

最後に

今回ご紹介した事柄以外にも、劇場公演では毎回ハプニングや面白い出来事が起きています。
劇場までひんぱんに足を運ぶことはなかなかできませんが、AKB48グループでは、DMM LIVE! ON DEMANDで全公演を生配信&アーカイブ配信を行っています。
DMM LIVE! ON DEMANDはこちら
生配信をリアルタイムで楽しむのもよし、見逃した公演をアーカイブで再体験するのもよし。SKE48の劇場公演をご堪能いただくことができます。