SKE48

SKE48 Mobile for SMARTPHONE

【祝!初選抜】荒井優希、“最強の非選抜”を返上!【ドラフト1期】

11月3日、幕張メッセで開催された「いきなりパンチライン」全国握手会のミニライブで、12月12日発売の24th Single「」の選抜メンバーが発表されました。次々と選抜常連とも言えるメンバーたちが呼ばれる中、画面に大きく映し出される「初選抜」の文字、そして観客席のどよめき。
画面に映し出されたのは“荒井優希”の笑顔でした。その直後に荒井優希はステージ登場。


今年の生誕祭で、この1年間の目標は「AKB48選抜総選挙32位とSKE48の選抜入り」と語っていた荒井優希ですが、半年で目標を2つとも達成、“有限実行そして努力の人”荒井優希をまとめました。

まずは基本的なプロフィールから。

荒井優希

データで見る荒井優希


プロフィールに掲載されていないデータをチェックしましょう。
■AKB48シングル選抜総選挙
第6回から参加、第7回、8回はランクインならず。
しかし第8回では 『来年こそランクインするぞ 決起集会』にて86位であることが発表され、ランクインまであと一歩であることが明らかになりました。

そして翌2017年、58位で初ランクイン。

今年の世界選抜総選挙では速報で12位、本戦で28位=アンダーガールズ入りを果たしました。
SKE48内では9番目という高順位です。

※速報発表後のまとめもぜひ御覧ください。 【最強の】速報12位!荒井優希の挑戦【非選抜】
AKB48関係でのデータを続けましょう。 今年3月に開催された『AKB48センター試験』。AKB48グループに関する知識を競うこのイベントでは、AKB48全グループの中で8位をゲット。SKE48では最上位です。

AKB48グループのイベントと言えば、『じゃんけん大会』も忘れるわけには行きません。
2017年のユニット戦になってからの本戦出場は逃していますが、個人戦では2014年に加入以来3年連続で出場。
ソロデビューを競った2014年の大会(初参加)では13位、カップリング選抜に選ばれています(センターは荒井優希が尊敬してやまない小嶋陽菜さん)。
2015年はバスガイド
2016年はバニーガール

荒井優希が(というか荒井優希のファンのみなさんが)強さを発揮するのが携帯カードゲーム『SKE48 Passion for you』。 2016年2月「CM選抜メンバーリクエスト投票イベント」第5位
2016年3月「水着グラビアリクエスト投票イベント」第1位
2016年9月「水着グラビア雑誌掲載&2ヶ月連載リクエスト投票イベント」第1位
2016年12月「広告選抜メンバーリクエスト投票イベント」第7位
2017年3月「CM選抜メンバーリクエスト投票イベント」第12位
2017年7月「ファッションブランドCM出演メンバーリクエストイベント」【RENAI KEIKAKU】で1位
2017年11月「広告選抜メンバーリクエスト投票イベント」第2位 2018年3月「CM選抜メンバーリクエスト投票イベント」第3位
2018年5月「グラビア&2ヶ月連載リクエストイベント」第4位
と広告選抜、グラビアなどPassion for you関連では常に上位をキープsています。

ファンの応援(選抜総選挙)、知力(センター試験)、運(じゃんけん大会)と三位一体のパワーを発揮する荒井優希ですが、そのパワーを支えているのがパフォーマンスとSNSでしょう。

パフォーマンス


第1回ドラフト会議でチームKIIに4位指名というスタートをきった荒井優希に注目が集まったのは劇場公演です。。
2014年4月の劇場公演デビュー以来、「後ろで激しく踊っているあの子は誰?」「首が取れちゃうんじゃないか」とじわじわと話題になり始め、すぐに公演には無くてはならないメンバーの一人に。

2016年ミュージカル「AKB49~恋愛禁止条例」SKE48版再演の際、劇場ではシャッフルによる公演が行われていました。その公演に最も多く出演したメンバーの一人が荒井優希です。
同ミュージカルのゲネプロ観覧直後のインタビューで「ミュージカルに出たい?」と聞かれたときには「劇場を守っていきます」と即答。
“シアターの女神”の系譜に連なるメンバーでもあります。

長身から繰り出されるダイナミックなパフォーマンスもちろんですが、表情の作り方も抜群。
『青春ガールズ』公演に出演、「Blue rose」をユニットで披露した際には実況をしていた斉藤真木子も「この曲の優希ちゃん、○○しそうな目をしてる。すごい」と絶賛(コンプライアンス上伏せ字とさせていただきます)。
その「BLUE ROSE」では曲中に蹴上げるフリがあるのですが、その高さが最も高いのが荒井優希です。
(一番左。写真は全国ツアー新潟公演より。)
この蹴り上げが、別方面で活かされるとこうなります。

2018年2月に開催された「豆腐プロレス The REAL 2018 WIP QUEENDOM in 愛知県体育館」第1試合のワンシーンです。
荒井優希はバブリー荒井として、ケンドー松本(松本慈子)、マッチ音葉(町音葉)と組んだしゃちほこ同盟として、バード高柳(高柳明音)率いる白金ジムに挑みました。試合はお互いの技を受けあった上でバブリー荒井がバード高柳にフォール負けという結果でしたが、高柳明音と荒井優希の関係を知る方にとっては胸熱の試合でした。信頼関係で成立するのがプロレス(これ書いていいのかな?)ですが、高柳明音も「優希ちゃんだから安心してできた」と後に語っています。
※高柳明音の荒井優希への想いは2017年の荒井優希生誕祭での手紙で触れられています。
こちらをぜひ。
2017年荒井優希生誕祭レポート


その8ヶ月後、荒井優希は本当のプロレス団体【DDTプロレスリング】が所有する「アイアンマンヘビーメタル級王者」を戴冠(10月10日松村香織にフォール勝ち。第1329代チャンピオン)。
そして10月28日、「DDT LIVE! マジ卍 後楽園ホールスペシャル!!」にチャンピオンとしてアイアンマンヘビーメタル級選手権時間差入場女子バトルロイヤルに参戦。
試合に破れ大座を失ったものの、必殺技のバブリーかかと落としのキレは相変わらずでした。
※試合の模様はabemaTVでご覧いただけます。 【第5試合】SKE48荒井優希が参戦!アイアンマンヘビーメタル級選手権時間差入場女子バトルロイヤル

話が逸れました。
先日開催された10周年記念リバイバル公演では「ラムネの飲み方」に出演。「孤独なバレリーナ」ではかつてならっていたというバレェの経験を生かしてプリマドンナを担当するなど公演のキーパーソンとして活躍中。

現在、荒井優希は以下の劇場公演に出演しています。
チームKII「最終ベルが鳴る」(ユニットは「ごめんねジュエル」。高柳明音不在時にはセンター)
SKE48「青春ガールズ」(不定期出演、ユニットは「Blue rose」。「いきなりパンチライン」センターを披露することも)
荒井優希の全力のパフォーマンスを是非一度劇場でご確認ください。

SNS


荒井優希が全力を注いでいるのはパフォーマンスだけではありません。
公式ブログ、SKE48 Mail、755,Google+、SHOWROOM、Twitter、INSTAGRAMと、インターネット上のすべての公式ツールをほぼ毎日更新するというSNSの鉄人ぶりを発揮しています。

ここではSKE48 MobileとSKE48 Mailを中心に紹介していきますが、その前に荒井優希(と卒業した相棒)が成し遂げた快挙をご報告しておきましょう。

まずは写真の右側のパッケージを御覧ください。。
10周年記念公演で来場された方に配られたお菓子ですが、このお菓子はそもそも荒井優希がきっかけなのです。

2017年5月に相棒と京都旅行を楽しんだ荒井優希はINSTAGRAMにその様子を投稿しました。

これを見た「京ばあむ」販売元・美十様から連絡が入り、京ばあむのプロモーションのお手伝いをすることとなりました。
その結果の一つが、SKE48 Mobileで掲載した【SKE女子旅in京都】です。

【SKE女子旅in京都】を見る


京ばあむのプロモーションは、【SKE女子旅in京都・冬】(鎌田菜月と2人旅)

【SKE女子旅in台湾】(鎌田菜月のみ)と続いています。
そして10月5日。
SKE48劇場デビュー10周年記念特別公演に美十様よりスペインの祝い菓子ポルボローネをご提供いただきました。
きっかけは荒井優希、ご理解いただけたでしょうか?

話を戻しましょう。
まずはSKE48 Mail。
SKE48 Mail界隈で荒井優希の名前が一躍轟いたのは、2015年12月にSKE48 Mailのニュースから。
注目のメンバーを消化する記事内で、荒井優希は2015年1月から12月にかけて最も登録数の伸び率が高かったメンバーとして紹介させていただきました。
この記事が出る前にすでに「ご存知の方はよーくご存知」な存在になっていた荒井優希ですが、この記事でその流れは加速し、2016年以降はメール人気が高いメンバーというポジションをキープしています。

(昨日のメール添付画像です)
荒井優希のメールは毎日6通。極端に増えたり減ったりすることもなく、毎日6通きっちり送られてきます(ただし完全に夜型です)。
その結果、2016年・2017年と2年連続して年間送信数第2位(第1位は竹内彩姫です)を獲得しています。
「送信数が多くても内容が薄いのでは?」という心配も御無用。
日々の出来事、メンバーとの交友、喜びや悔しさの発露、グラビア撮影時にはオフショットとバラエティに飛んだ内容です。

そして公式ブログ。
まずは更新数。2015年10月以来3年間、毎月100回更新をしています。
メールと同じく年間更新数は第2位です(ブログの1位も竹内彩姫です)。


ただ更新数が多いだけではありません。
独特の感性で綴られたその内容は読み始めたらハマること間違いなし!
ブログではありませんが、昨年まで隔週レギュラーだったNHKラジオ「らじらーサンデー」では毎週エッセイに近い内容を投稿し続けた結果、その感性を認めらたパーソナリティーのオリエンタルラジオさんに「荒井先生」と呼ばれ、ついには「荒井優希のお便りコーナー」というレギュラーコーナーを持つに至ったのでした。
番組出演時には、オリラジのお二人がその場で思いついたお題をネタに即興でエッセイを生み出すという荒業にも挑戦。オリラジさんをさらに唸らせる結果となりました。
プロに称賛される確かな文章力と突飛な発想、荒井優希のブログは今も毎月100件更新されています。

そんなブログの鉄人・荒井優希が次のシングルでとうとうアメブロに登場します。
公式ブログを管理している立場の人間が言うのもおかしな話ですが、

むっちゃ楽しみです!

公式ブログ(SKE48 Mobileのコンテンツ)
その他SNSはこちら
Twitter
INSTAGRAM

SKE48 Mailは、毎日SKE48メンバーから皆さんの携帯へ直接メールが届くサービスです。荒井優希からは毎日6通バラエティに飛んだ内容のメールが御手元に届きます。

荒井優希のSKE48 Mailを受け取る

アイデアガール

荒井優希はブログの項目でも書いたように突飛な発想力が持ち味の一つです。
でもそれだけではありません。思いついたことを実行する行動力も引けを取りません。
2017年2月18日千葉県文化会館で全国ツアーが開催されたその時、ツアー選抜に漏れた荒井優希は同じ立場の青木詩織と卒業した市野成美さんと、全国ツアーと同じセットリストをレッスン場で3人で披露する「全国ツアー in SHOWROOM」を実施しました。
トロッコで移動するシーンはキャスター付きの椅子で代用するなどアイデアに富んだその配信は50000人の視聴者を獲得しました。
2018年9月18日には今度は直前に行われた「SKE48リクエストアワー2018セットリストベスト100」に漏れた274曲を全てカラオケ配信する【SKE48リクエストアワー延長戦~歌われなかった神曲たち】をSHOWROOMで開催することを発表。
9月21日、25日と2日に分けて開催されたその非公式イベントには、惣田紗莉渚、松本慈子、福士奈央という同期に加え、青木詩織、井田玲音名、北野瑠華、竹内彩姫、白井琴望、松村香織らが次々と顔を出しました。
この企画が発表された時「無理でしょ」という声があったのも事実。しかし荒井優希は類稀な行動力と豊富な人脈で、見事274曲(&ランクインした曲も数曲)歌いきったのでした。

この企画はWWSチャンネルさんにてニュースとしても配信されました(9月21日配信分)。
SKE48・ドラフト1期生がもう一つの「リクアワ」を開催!3万人を超える視聴者にランク外曲をカラオケ配信!!

無理だと思われることにも果敢に挑戦、実行してしまう荒井優希はマジ半端ないですね。
ファンの皆さんに楽しんでもらおうというサービス精神はグループ随一かもしれません。
歌われなかった神曲たち *\(^o^)/*|荒井優希|ブログ|SKE48 Mobile

MC力

最近のイベントやコンサートではMCを任されることが増えた荒井優希ですが、先輩後輩に関係なくズバズバ切り込んでいくそのMCの基本はちょっと斜め目線のシニカルな視線。平たく言えば毒舌です。
その毒舌ぶりが改めて発揮されたのが2015年12月31日に開催された「忘れられない大忘年会」での1コーナー「荒井優希のアイドル力診断」。
市野成美、北野瑠華、松本慈子、江籠裕奈のアイドル力を独断で発表したそのコーナーは会場を大爆笑に包み込みました。

この模様は「チキンLINE<Type-C>」特典DVDに収録されています。

グラビア

さかのぼって2016年、北野瑠華の初グラビアが大好評を博した中、次のグラビアメンバーとしてファンのみなさんが最も注目したのが荒井優希でした。

(美浜海遊祭2016の水着ファッションショーより)
そんな中で発表されたのが前述の『SKE48 Passion for you』「水着グラビアリクエスト投票イベント」。

圧倒的な強さで第1位を獲得。
このときの喜びは次のようにブログに綴っています。
Passion For You*\(^o^)/*|荒井優希|ブログ|SKE48 Mobile

(グラビアが決まって、そしてはじめての1をとってのリアクションが「お腹が空いた」というのが荒井優希。これだから荒井優希のブログは止められません)
そして11月2日には荒井優希から次のお知らせが。
ソログラビアは初めてだったのは意外です。

1年前…

ここまでのまとめを振り返ると荒井優希は順風満帆なSKE48ライフを送っているように見えるかもしれません。
しかし決してそうではありません。(ここからはあえて傷を抉るような内容になってしまいますが、荒井優希ファンの皆さんご容赦ください)
■小畑優奈が初センターを努めたカップリング曲「キスポジション」(「チキンLINE<Type-B>」収録)で、高柳明音、古畑奈和、大場美奈が後列に退き若手メンバーが前列にきたのに、後列のままだったこと。
■ニコニコ生放送の単独MCレギュラー番組「ダシヌキ」の諸事情による打ち切り。
■AKB48選抜総選挙86位で圏外だった時はランクインメンバーのための曲(「ハッピーランキング」)が作られ、58位で圏内に入った時圏外メンバーのための曲(「ぼっちでスキップ」)が作られるというタイミングの悪さ
などなど多くの挫折がその背景にあります。
その想いを佐藤すみれさんを相手に赤裸々に語ったのが「す~信簿Vol.11」です。(2017.12.20公開)
若手育成係として悩めるメンバーの相談に乗っていた佐藤すみれさんに「状況的につらさがNo.1」と言わしめたその内容とは…
下記で現在も公開中です。 「す~信簿Vol.11」を読む&見る

最後に

SKE48に加入して4年。歩みは遅かったかもしれませんが、ようやく目標の一つ【SKE48選抜メンバー】のポジションを得た荒井優希。
今年20歳を迎えた荒井優希にとって最高の成人プレゼントになったのではないでしょうか。
このプレゼントを贈ったのは、努力をし続けた荒井優希本人とそんな荒井優希を認めて応援し続けてくれたファンの皆さんです。