SKE48

SKE48 Mobile for SMARTPHONE

【チームS】犬塚あさなの折れない心【お母さん】

5月15日(火)、チームS公演「重ねた足跡」にて4期生の犬塚あさなが卒業を発表しました。

2018年5月15日

SKE48を心から愛しています|犬塚あさな|ブログ|SKE48 Mobile
今日の公演でも発表させていただいたのですが
私、犬塚あさなはske48を卒業します。

私が卒業を決めて改めてメンバーの暖かさを感じました。

みことさんにはだいぶ前から一番最初に話したんですけど
話を聞いて、寂しい、友達いなくなっちゃうって、仲間とか仲良しなメンバーとかではなく
ちゃんと友達だと思ってくれてたことが嬉しかったし幸せでした。

りょーはにはホテルで話したんですけど
号泣で。笑
本当に愛おしかった。
でもあさなさんの幸せを一番に願ってるからって泣きながら言ってくれて
やっぱ卒業やめようかなと思ったくらいに嬉しかったし、幸せでした。

れおなちゃんは相変わらずの反応で笑笑
卒業するよーって言っても
そっかぁ。って感じの
多くは語らないけど顔に書いてある感じ。
卒業しても当たり前に会うでしょ?ってスタンスで話してくれることが嬉しかったし、幸せでした。


あかりさんとかおりさんとじゅりなさん
私の大切な大切なお世話になった先輩方
3人ともすごく寂しがってくれたし
友達になってくださいって言ったら
すごく喜んでくださって。
この3人の方はいつも私を支えて、フォローして、見ててくれました。
だからこそ私の卒業で悲しんでくれる事がすごくすごく嬉しかった。
あかりさんはお疲れ様って頭を撫でてくれて
かおりさんは何かやろう!って話してくれて
じゅりなさんはチームSが今まとまってるのはわんちゃんがいるからだって言ってくれることが嬉しかったし、幸せでした。

メンバーのみんな
本当に信頼してくれて、たくさん相談してくれて愛してくれました。
発表の時もSのみんな泣いてくれて。
本当に大切な大切な仲間、家族です。
大好きだよ!私はこのチームSで卒業できて嬉しかったし、幸せでした。

卒業生の子たちもたくさん相談にのってくれて
私のために時間を使ってくれた子、たくさんいて嬉しかったし、幸せでした。


これからは自分のためだけに、自分の事をしたい。

新しいステップに進もうと決めました。

卒業は6月末ということで、あと1カ月と少し
精一杯頑張ります。

応援しててくださいねぇ!

ske48 チームs 副リーダー 犬塚あさな


チームS公演での卒業発表はわんちゃんらしい凛としたスピーチでした。

「選抜総選挙不出馬ということで薄々気がついている方もいるかと思うのですが、私、犬塚あさなはSKE48を卒業します。理由に関しては、私自身、一歩夢のために進もうという決意ができたということで前向きな卒業なので応援していただけたら嬉しいなと思います。時期なんですが6月末まで、あと1ヶ月ちょっとしかないんですけど、皆さんとたくさん思い出を作れたらいいなと思っていますし、チームSの皆ともたくさん思い出を作っていきたいと思いますので応援してください」

シーンと静まり返った場内の空気を察知した山内鈴蘭が「ファンの人がこんなにしんみりしているのに、なんでわんちゃんだけ『お願いしまぁ~す★』みたいなテンションなの?」とツッコミを入れると、犬塚はより一層の笑顔で「だって、それがアイドルじゃないですか?」と即答。静まり返った客席から拍手喝采が起きました。

アイドルとは? SKE48とは? チームSとは? 自問自答を繰り返してきたであろうわんちゃんのプロフェッショナルな回答は、その生きる姿勢が反映されたじつに見事で美しいものでした。

「まだ(卒業まで)1ヶ月ちょっとあるのでたくさん会いに来てください。出会いを大事にしたいと思っているので、今日もたくさんの出会いがあって、その出会いを大切にしながら活動していきたいと思いますので、ぜひ応援していてください」

わんちゃんが最後の挨拶をしている時に、鈴蘭に背中を押されて1人のメンバーがステージに登場します。出てきたのは「ほのちょろびん」ことドラフト3期チームS研究生・上妻ほの香。この日の公演にはバックダンサーで登場していたのですが、わんちゃんの卒業発表時から泣いていました。

ほ「あの……、一緒に公演に出たかったです(泣)」
犬「あと1ヶ月ちょっとあるんだ」
ほ「出られるように頑張ります」
犬「じゃあ、私がすんごいスパルタでレッスンすればいいってことかな?(笑)」
ほ「頑張ります(笑)」
犬「出ようね。頑張ろう」

10歳年下の研究生の思いを受け止めて、SKE48の魂が継承されようとする場面を目の当たりにしたファンやメンバーの目に涙が光ったのは言うまでもありません。

アイドルの実力を測定するモノサシはいろいろあります。人気、ビジュアル、ダンス、歌唱力、トーク力、笑顔でファンを釣る能力など、あらゆる能力が求められ、数値化され、評価の基準となります。しかし、一番強いのはこういう大事な場面で優しさと柔らかさを発揮できる人なのではないでしょうか。普段はなかなか見えにくいかもしれませんが、SKE48ファンは犬塚あさなというアイドルが誰よりも強い、折れない心の持ち主であることを知っています。

誰よりも長い研究生期間を経て正規メンバーに昇格したわんちゃんは、きっと他のメンバーよりも傷つき、おそらく人一倍痛みを知っています。決して諦めない姿は、後輩たちに勇気と希望を与えてきました。いつしか「お母さん」と呼ばれるような存在になり、チームSの副リーダーに就任。落ち込んでいる後輩には優しい言葉をかけ、再び立ち上がれるよう見守り励ましてきました。

今週のよりぬきモバイルさんは、チームS副リーダー・犬塚あさなを特集します。


犬塚あさな|プロフィール

犬塚あさなは1994年3月19日、愛知県出身の24歳。2010年9月に4期生オーディションに合格するものの、歌もダンスも未経験だったことから、同年12月に結成された4期生主体のチームEには選ばれず、2014年8月まで約3年10ヶ月におよぶ研究生期間を経て、チームSに昇格。少しずつスキルアップをしながら、いつも笑顔を絶やさず成長してきました。

昇格後も波乱万丈で浮き沈みの激しい日々が続きます。少し長くなりますが2016年の生誕祭のブログを読んでみると、わんちゃんが抱えていた悩み、心の傷、葛藤がすべて綴られています。誠実な性格が伝わってくるヒリヒリとした痛みの伝わる文章で、長くなりますが引用しましょう。

2016年3月22日

ありがとうの気持ちと本音(^犬^)|犬塚あさな|ブログ|SKE48 Mobile
本当に素敵な生誕祭をありがとうございました!


とても嬉しかったです。


幕が開いた瞬間
目に飛び込んできたのは真っ白なサイリウムと
可愛いネコ耳でした笑

あ、犬耳か。笑


みなさん照れながら付けてくれてて可愛かったです(^ω^)ふふ


21歳の1年を振り返ると
私の中ではまず
夕立の前がリクエストアワーで1位をとれたこと

それが本当に嬉しかったです。

ありがとうございます!


けど、他の何かは?と聞かれたら本当に何もしてなくて


公演に出れることが当たり前じゃない
握手が出来る幸せもよくわかってるけど

まわりの人たちを見てるとすごく焦るんです

自分だけ仕事をしていないという現実に。


私はね
skeに入る前は
電話に出ることもできない子でした
恥ずかがってね
お店に入っても
自分で店員さんに話しかけられない
注文できないような子でした
人見知りもものすごくて
授業中当てられただけで
顔が真っ赤になる子でした。

けど今じゃファンの方の前でちゃんとお話ができてきて
歌って踊れていて


skeに入って得られたものはたくさんあります。

けど、それでも私は年々自分が嫌いになります。


自分の良さがどんどん見えなくなっていって
今、自分の良さをあげよと言われたら
正直1つも出てきません。


そんな事を考えていたら
どんどん精神的に追い詰められていきました


後悔と悲しさ、辛さ、不甲斐なさ、
何よりこの5年間で積み重なった
大きな大きな悔しさが
一気に押し寄せてきて

21歳は本当に精神的に不安定になってしまいました。

アイドルとして、人として
他人に心配をかけたくなくて
笑顔でいなきゃいけない
人の役にたちたいって

ずっとずっと思って誰にも相談してこなかったし悔しいなんて本当に誰にも言ってこなかった

自分が何より悔しくて
悔しくて悔しくて悔しくて
今にも泣きたくて
そんな時にも
まわりが悔しいって言ってる背中を
ずっとさすってて


大丈夫、まだチャンスはあるから
そうやってメンバーをなだめて


自分の感情を押し殺してきました。


けどきっとキャパオーバーだったんです
これ以上気持ちを押し殺せない。


だからね
チームSには本当に迷惑をかけました


ずっと笑顔なのが取り柄だと思っていた私なのに
笑顔でみんなに笑いかけることすらできない日々でした。

公演中も突然泣き出してしまったりして、、、

だから本当に申し訳ない気持ちで一杯です


握手会とかファンの方の前では出来る限り笑顔でいたつもりだけど
総選挙の時の握手とかきっと笑顔になれてなくて

ファンの方に心配をかけましたよね

(中略)

けどそんな時、助けてくれたのはメンバーでした

あかりさんだったり、みきさんだったり、卒業した男子系女子な方だったり
私の異変に気付いてくれる人はたくさんで

あかりさんは話をすごく笑顔で聞いてくれていつも褒めてくれます。
自分に自信のない私に
可愛いって素敵だって言ってくれるし
細かい所まで見ててくれて私のパフォーマンスを好きでいてくれて
いつかあかりさんと同じチームになりたい!って言ったら
あかりと同じチームになったら
わんちゃんがもし卒業したいって言っても
離さないからske人生長くなるよーって
言ってくれて
あー私を必要としてくれる人がいるって
思わせてくれました

みきさんは私が辛い時、何も言わずそっとそばにいてくれて、すごく安心できます。
だからこそ私は今まで誰にも言えなかった事をすっと言えました。それだけでもすごく楽になったし、それを聞いてわんちゃんは偉いよって言ってくれて震えた声で話す私を安心させてくれました。


男子系女子な方は離れているのに私が言う前になぜだかわかっててこう思ってるんでしょ?
これがこうだからこうでしょ?って。
バレすぎてびっくりはしたけど笑
わかってくれる人がいるって幸せな事だと思えました。


他にも
仲良しなれおなちゃん、ゆめちが
元気のない私に急にチョコドーナツ買って
渡してくれて
私泣きながら食べました笑


あ、久しぶりに会ったかおりさんを見た瞬間安心したのか急に大号泣しちゃって心配かけたりもしました笑
ごめんねかおりさん笑


本当に自分の事が大嫌いな私だけど

メンバーに支えられて
少し元気になれて22歳をむかえることができました。


22歳の1年は
もっと自由に生きていこうと思います。
自分にもっとわがままに生きていこうと思います。
言いたい事は言って
やりたい事をやって
そして将来を視野に入れながら過ごしていきます。


これからどうしていきたいか22歳で決断するつもりでいます。

あとどれくらいアイドルとしてやるのか
何をしたいのかしっかりと考えます。



そして少しでも自分を好きになれたらいいなと思います。
嫌いすぎて自信がなさすぎてメンバーに話しかけに行けなかったり、発言できなかったり、自分の好きなもの、嫌いなものが言えなかったりするから
少しでも心開けたらいいなって思っています。




そして最後に
22歳の私のわがままを聞いてください


本当に私、頑張るし
たくさん愛をファンの方に伝えるから
握手会に来てください。

誰もいないレーンは悔しいよ。悲しいよ。

公演で私が歌ってるとき
目を合わせて下さい
コールを、応援をして下さい
自分のコール少ないと悔しい。寂しい。


公演後のお見送り
私全然ファンの方と目が合わなくて
前後にいる子たちに声かけてるの見ると
悔しくて悔しくて
涙が出るから
少しでいい
お疲れ様だけでいいし
目を合わせて微笑んでくれるだけでもいいから
私の事見て下さい。


アイドルになったからにはたくさんの方に愛されたいから。


長文ごめんなさい
読んでくれてありがとうございました。


あなたと次会うのは
握手会かな?笑


待ってます( ´ ▽ ` )?


そして最後に
メンバーに支えられてってたくさん書いたけど
私にとって何より大切で支えなのは
ファンの方です。
こんな素敵な生誕祭を開いて下さって
愛を感じさせて下さってありがとうございます

私は
自分のファンの方と出会えて
最高に幸せです。


大好き!!!

これだけヘビーな思いを吐き出したことによって、わんちゃんは強く前向きになっていきます。1年後の生誕祭ではこんなことを書いています。


2017年3月25日

総選挙|犬塚あさな|ブログ|SKE48 Mobile
22歳の生誕祭(筆者注:2016年の生誕祭)の時は本当に本当に追い詰められていて、まずそれを謝らないといけないなって思ってました。

その頃は私が1番大切にしてた、ファンの方を笑顔にすることが出来てなかったから。

私が大切にしていること。
それは大切な先輩、スタッフさん、マネージャーさんからいただいた言葉、考えです。

それを私は後輩に伝えたかった。

ファンの方がいないと私たちは今この場所にいられない。

挨拶ができないマナーがなってない、礼儀正しくできない、時間を守れないのは信頼されなくなる原因になるし、仕事をして行く上で大切な事だからしっかりしなくちゃいけない。

リハーサルをしっかりしなきゃいけないのは
リハーサルはスタッフさん方が私たちのために考え、照明や舞台、音を流してくれて付き合ってくれているのだから誠意を持って感謝の気持ちを持って挑まなきゃいけない。
本番を楽しみに楽しみにしてるファンの方にも失礼な事だから。
手を抜くなんて絶対いけない。

そうやって基礎ができてないと必ずどこかで後悔すると言われてきて、
その通りだと思ったし、そうゆう気持ちを大切にしていたらいつかきっとファンの方は私に気づいてくれる。私の気持ちが届くんだって信じてきてました。
私は初期から何もできない人だから
ダンスもMCも。
だから気持ちだけは負けないようにしようって決めて6年間やってきて

仲間になったからには仲間にも後悔してほしくなくて、今まで教えて貰ったことをみんなにも伝えたかった。

本当はもっともっと伝えていきたかったけど
私には説得力がなくて

人気もない、ダンスも上手くない、MCも上手くない

こんな私に言われたって説得力がないのは当たり前で

そんな自分をすごく責めて責めて責めた結果、精神的にいっぱいいっぱいになってしまいました。

家族も心配してくれてもう卒業したらいいよって言ってくれて

でも私はプライドが高いから中途半端に終わりたくなくて

卒業したくなくて

でも精神が追いつかなくて、
公演に立つのも怖くて、毎日泣いて泣いて

そんな中での生誕祭だったから、もう数ヶ月で卒業するんだって思ってました。

だからすごく暗くなってしまって卒業発言もしてしまったんです。

私のファンのみなさん。
去年の生誕祭は不安にさせてしまってごめんなさい。


でも、はじめてその時に私は気持ちをさらけ出せました。

そしたらすーっと気持ちが楽になってなにかが吹っ切れたんです。

その時に思い出した事は元支配人の今村さんの言葉で
昇格の時に、「犬塚が頑張ってるから、きっと昇格しても変わらずできると思う」ってマネージャーがすごく推してくれてたぞって
俺もそう思ったから、そのマネージャーのためにもチームSのためにも2年はがんばれ!って言われて
約束します!って言った事でした

だからその時、とりあえず美浜まで頑張ろうって思ったんです。

本気で頑張ろうって


そうしたら、私の周りが少しずつ変化してきました


握手会で列ができるようになったり、公演でのコールが増えたり、コメントが増えたり


そうなって、もしかしたら私はまだSKEでいてもいいのかな?少しだけど、本当に少しなのはわかってるけど必要とされてるのかな?って
思えるようになって

どん底を味わったからこそ人に優しくできる。落ち込んでる人の役に立てる。人の気持ちがわかる人になれるんだって。
どん底を経験する事は悪くないんだと思えるようになりました。

美浜を迎えて昇格から2年経ち、思った事は
もっと頑張りたい!私はこのまま終わりたくない!でした。


握手会では1時間半あって10人来るか来ないかって時もあったけど、今では3列できる事もあって

自分でもファンの方が増えてくれてるんだって実感できるようになってきて

コールも信じられないくらい増えて
何人かで歌ってても
あさなってコールが聞こえてくるようになって


だから辞めたくない。頑張ろうって思えたし
2年がんばれって言った今村さんの言葉は正しかったと感謝の気持ちでいっぱいになりました


湯浅さんからも握手が良いらしいねって言っていただけたり、頑張ってるなって言っていただけるようになり
すごく嬉しかったです。

そして、最近副リーダーになりました。

本当に嬉しかった。

私が伝えたかった事、考え、やってきたこと全てが間違ってなかったんだと言われた気がして。。。

やっと説得力ある人になれたかなって
もちろんみんなより劣っている事はわかってるけど、でも、1年前の自分と比べたら
少しは説得力ある人になれてるかなって
思えるし、自分を少しだけど好きになれた気がします。


だから22歳の1年は悔いなし!です


23歳ももっともっと努力して、精一杯ファンの方と向き合い、努力していこうと思います。


だから、本当に1度でいい。
私に会いに握手会に来てください。
待ってます。本当に待ってます。
私と出会ってください。
アイドルになったからにはたくさんの方と出会いたいから。
そして私のファンの方はずっとずっとそばにいてください。
頼りない私かもしれないけど、一人一人の事を大好きな自信があるし、わかってる自信があるから。
離れないでください。
これからもよろしくお願いします。


そして選抜総選挙。
私は結果として何か残した事がないから
どうしてもランクインしたいんです。

私なんかランクインできるわけない、人気がでるわけない、早く卒業しろよって思ってる人もいるかもしれないけど
私はそんなものには負けないし、負けてられないんです。
もう上しか見ない。

まぁ、そんな事気にしていたらもうとっくにここにはいないと思いますけど笑


もっともっと強く生きようと思います。


とにかく上を向いてまた1年過ごそうと思います。


総選挙も握手も
私は絶対諦めない。

一緒に頑張ってもらえませんか?


よろしくお願いします。

ところどころに闇を感じる単語は飛び出すものの、前年とは真逆のベクトルでSKE48を前向きに引っ張っていこうという気持ちの強さを感じさせる内容になっています。選抜総選挙でランクインすることはかないませんでしたが、チームSの中で存在感を発揮していくようになります。

一時期、「チームS問題」などと言われ、他チームとの比較で語られたこともありましたが、いまチームSは昇格した8期生たちを中心に新たな時代が作られようとしています。その後輩たちを優しく、時に厳しく指導しているのがわんちゃんです。

2017年10月18日

新チームSと昇格|犬塚あさな|ブログ|SKE48 Mobile
よこにゃん、るーちゃん、みよちゃんのチームSとして初公演でした!

3人ともとっても頑張ってたなぁ

よこにゃんは真面目で、思ってる事を頑張って伝えようとしてくれて、ダンスが上手い

るーちゃんは真面目で癒し系で本当に可愛い

みよちゃんは負けず嫌いでぐいぐい来る感じがとても良い

全然違った魅力のある3人が昇格してきてくれて、私はとても嬉しく思います。


パフォーマンスの素敵な3人だから、負けないように頑張っていかないとなー!


これからよろしくねーーーーー!


今回3チームに7人の昇格が発表されて
とても嬉しく思いました


昇格発表は、はじめてのときはワクワクドキドキ。

でも昇格できずに迎えた2度目からはトラウマのようになってるんです。


ワクワクドキドキより、こわい、呼ばれたい、でも無理かも

そして昇格できなかった時、辛いとか悲しいとかよりも、ファンの方へのごめんなさいで溢れるんです。

きっと私のファンの方悲しんでるよな、って。


だから昇格できなかった子のファンのみなさん、支えてあげてください。


きっとみんなごめんねって思ってるから、大丈夫なんだと、ファンがついてるんだと伝えてあげてください。


私が今、skeにいる理由は
数は少なくともファンの方一人一人から
深い愛をたくさんいただいてるからです

スタッフさんやマネージャーさんがいつも理解してくれて支えてくれてるからです

卒業しても心配してくれて、アドバイスをくれる先輩後輩がたくさんいるからです

それがなかったら私は絶対に心折れてるとおもいます。


ファンの方がメンバーの笑顔を見たいと言ってくださるのと同じように、メンバーもファンの方には推しててよかった!って思ってもらえるように、そして笑顔で、泣くなら嬉し涙を流してほしい。

でも、昇格まで1400日かかって気付いた事は


昇格できなくても、諦めなければいつかたくさんの方が嬉し涙を流してくれるってこと

たくさんの方が自分のために喜んでくれる


絶対腐らず頑張っていれば昇格できる。
だって私ができたんだもん。笑
あの私が昇格できて、チームの副リーダーになれるんだもん。

強い気持ちとファンの方、スタッフさんたちへの感謝を忘れず努力をすれば実る時がくる

努力の先に実る希望!ですよ!笑


私は偉いことを言える立場では全くないけど、負けん気だけは自信があるし、どん底からの這い上がり、我慢強さには自信があるので笑

こんな私を愛してくださるファンの方がいる事、私のファンの方じゃなくても、公演で目を合わせてくださるのもコールしてくださることも公演に出られる事も私には全然当たり前じゃない、他の子達にとっては幸せな事じゃなかったとしても私にとっては今が幸せなんです。

昇格発表は私に改めて色んな事を考えさせてくれます。


昇格できた子の事もそうでない子の事も、しっかりフォローできるように頑張っていきたい、そして自分自身のことも。


これからも新しいチームS、そして研究生の事を応援しててください!!

4月28日の日本ガイシホールでのコンサートでも昇格発表がありましたが、昇格できなかったメンバーに対して真っ先にメッセージを発したのはわんちゃんでした。5月2日のチームS公演、最後の曲「僕は知っている」の前のMCでわんちゃんはこんなことを語りました。

「チームに昇格したとか研究生とか関係なしにいちばん大事なのは腐らない心だと思っています。腐らない心で研究生もチームSのみんなも活動できたらいいなと思っています。これからの新しいチームSの応援、研究生への応援をよろしくお願いします」

3月5日開催の和田愛菜、5月10日開催の石川咲姫の生誕祭で手紙で励ましの言葉を送ったのもわんちゃんでした。

和田愛菜生誕祭
石川咲姫生誕祭
先頭に立って背中を見せながら引っ張っていくタイプというよりは、実力を発揮しきれないメンバーに寄り添って、一緒に悩んで痛みをわかちあうのがわんちゃんのスタイルでした。

ずっと総選挙でのランクインを目指していたわんちゃんですが、今年の総選挙を辞退したとき、ブログにはこんな思いを綴っていました。

2018年3月26日

総選挙|犬塚あさな|ブログ|SKE48 Mobile
選挙にランクインできないとその度にファンの方に謝らせてしまう、、、
その度に心が痛くて痛くて

でも、全力で挑まなければ意味がない
そう思って毎年出馬していました。

でもファンの方に
選挙、今年も厳しいと思う

何人かの方に言われてしまいました

言われた瞬間、またファンの方を傷つけてしまう。
そう思いました。

数は少ないかもしれないけど私の大切な大切なファンの方
一生懸命頑張ってくれるステキな方ばかりです。

私は私に関わった全ての方に幸せを感じててほしい。笑顔でいてほしいです。


だからこそ、厳しいのならば
他の場で笑顔になれたらいいのではないか
と思いました。

後輩に対してもファンに対しても、いつも相手の立場になって考えることができるのがわんちゃんです。「私に関わった全ての方に幸せを感じててほしい。笑顔でいてほしい」という優しい心の持ち主なんです。

卒業発表を受けて後輩たちのブログの中に「ショック」「さびしい」という反応を見かけます。北川愛乃のブログをピックアップしてみましょう。

2018年5月17日

犬塚あさなさん|北川愛乃|ブログ|SKE48 Mobile
あさなさんは本当にいつも優しくして下さって

あさなさんと一緒にいさせて頂くと

私はとっても安心出来ます。

私が相談させて頂いた時も

いつも真剣に考えて

意見やアドバイスをして下さいました。

私にとって

頼らせて頂ける

支えて頂ける

とっても大切で大好きな先輩です。



あさなさんはチームSの副リーダーとして

後輩がなかなか先輩に接する事が

出来なくても

あさなさんから

接しやすい環境を作って下さったり

逆くにダメな事をしていたら

いつも真剣にダメと怒って下さいました。

怒ることって褒めることより

本当に難しくて

すごく勇気がいる事なので

チームSのために

あえて厳しく!

反省会の時などでも

いつも注意して下さっていたので

本当に有り難くて

凄いなぁと思っていました。

私もあさなさんのような

ちゃんとメンバーみんなの事を見て

チームSがもっともっと

素敵なチームになるために

嫌な事もしていける

強い心を持ちますっ!!!



とっても素敵で大好きな大好きな

あさなさんと一緒に過ごさせて頂く時間が

あと少しだと思うと本当に胸が痛いですが

あさなさんが伝えてきて下さった事を

ちゃんと後輩へ繋げていけるように

限られた時間を大切にして

1つでも多く吸収させて頂きますっ!!!



まだ1ヶ月以上もあるんだ!

あさなさんと共に!

最強のチームSを!

最高の重ねた足跡公演を!

作っていくぞっ!!

わんちゃんが伝えたかった心は、後輩たちがちゃんとキャッチしています。きっとどんな逆境も乗り越える強くて優しいメンバーが育ってくれることでしょう。残り1ヶ月、どんなドラマを見せてくれるか楽しみです。