SKE48

SKE48 Mobile for SMARTPHONE

2018年の松井珠理奈

「SKE48 Mobile」をご覧の皆様はとっくにお気づきだと思いますが、2017年12月から松井珠理奈のオフィシャルブログが連日更新されています。

そんな中、2018年最初のお仕事となった1月3日「大プロレス祭り2018」(ディファ有明)、さらには1月4日新日本プロレス「WRESTLE KINGDOM 12 in 東京ドーム」の模様をブログにアップされました。

今週の「よりぬきモバイルさん」は、プロレスの世界でも輝く松井珠理奈の活躍をお伝えします。題して「2018年の松井珠理奈」(柳澤健さんの名著オマージュ)。

まず、2018年の珠理奈を語る前に、「2017年の松井珠理奈」を簡単に振り返ってみたいと思います。

いまではすっかりプロレスの虜となった珠理奈ですが、会場での初観戦は2017年の1・4東京ドーム大会(ちなみに1月4日は、プロレス的な表記では「1・4=イッテンヨン」となります)。1月から始まったドラマ「豆腐プロレス」(テレビ朝日系列)では身体を張ってプロレスラー・ハリウッドJURINAを演じきり、8月にはドラマの設定そのままに後楽園ホールでは観客の前で試合まで行ないました。

その間もプロレス熱は冷めるどころか盛り上がり続け、気がつけばプライベートでの観戦回数は20回に達する勢いでのめり込んでいきます。10月に新日本プロレス1・4東京ドーム大会アンバサダーに就任すると、SNSを駆使して新日本プロレスの魅力を発信し続けます。12月に発表された東京スポーツ新聞社制定プロレス大賞ではプロレスの普及、業界の発展、ファンの拡大に貢献したことが評価されて「プロレス大賞特別賞」受賞となりました。

「豆腐プロレス The Real 2017 WIP CLIMAX」レポート

プロレスの長い歴史の中で、芸能界との接点はいろいろありましたが、たった1年でここまでファンにも、プロレス業界にも評価されたアイドルは他に誰もいません。

そして迎えた2018年の初仕事は、1月3日の「大プロレス祭り2018」でした(ちなみに大晦日はAKB48の活動でNHK「紅白歌合戦」とTBS「CDTV」に出演。しかし、元旦朝にはZepp Nagoyaで開催されたSKE48の福袋お渡し会の会場に登場。レポートはこちら

2018.1.3☆じゅりぼう|松井珠理奈|ブログ|SKE48 Mobile


じゅりぼうは、今日から仕事始めでした(^ ^)

明日の1.4東京ドーム大会のアンバサダーとして、1日頑張ってきました☆

まず、自分でプロデュースした振袖を着て、
選手の皆様と一緒に鏡開きをしたり、

アナウンサーさんとかおたんと一緒に、トークショーをしました!!

プロレスファンの皆様も、温かく迎えてくださり名前を呼んでくださって嬉しかったです☆

もちろん、珠理奈推しの方もいらっしゃって本当に心強かったです♪♪

トークショーでは、かおたんと一緒にSKEのアピールも(^_-)

いよいよ明日、1.4東京ドーム大会☆

私が始めてプロレスを生観戦してから、1年記念日でもあります!!

最高に楽しんできますね!!

みんなでプロレスイッテンヨン!!!

真壁刀義、KUSHIDA、両選手とリングに上って鏡開きを行なった珠理奈は、松村香織とともにサムライTVの三田佐代子アナとのトークショーにも登場しました。

豆腐プロレスを語るパートでは、プロレスを指導してくれたミラノコレクションA.T.コーチのエピソードを披露しました。

珠理奈「ミラノ先生は熱いよね! 教えてくださる時に熱が入って、技はもちろん、セクシーなポーズの指導にも熱くなって……」

松村「セクシーめな子が好きみたいで、気に入ってる子にはていねいに教えがちでしたね」

珠理奈「もっとおしり出して、おしり! みたいな。大真面目に教えてるんですけど、メンバーからは少し変態扱いされていました(笑)」

そんなミラノ先生が、豆腐プロレス後楽園大会の試合後に実況席で号泣していたほど熱い男。そんな熱さを信頼しているからこそのエピソードで、プロレスを通じて培った師弟の絆が垣間見えた瞬間でした。珠理奈は、豆腐プロレスについてもこんなふうに語っています。

「私は後楽園ホールに試合を見に行く機会も多かったので、プロレスファンの皆さんが、もし私たちの興行を見に来てくださった時に、納得してもらうじゃないですけど、アイドルだけど本当に本気でプロレスにぶつかってくれてるんだなって思っていただきたいなと思って。そうでなければ(プロレスを)やってはいけないだろうと思っていたので、私たちも本気で臨みたいっていう気持ちがあったし、それをぶつけられたんじゃないかなと思います。みんな(他のメンバー)よりも緊張とプレッシャーがありましたね。プロレスファンの皆さんに認めていただきたいなという気持ちでリングに上がらせていただきました」

こんな珠理奈の姿勢がプロレスファンの目にはどのように映ったのかはわかりません。好意的な意見もある一方で、もちろん厳しい意見もあります。ただ、少なくとも珠理奈自身のプロレスLOVEは多くの方に届いたのではないでしょうか? 松村香織も豆腐プロレス参戦についてはこんなふうに語っています。

「(AKB48グループが後楽園ホールでやるとなった時に)プロレスファンの方からの厳しい意見を見る機会も正直多くて、そんな中でもそれを覆したいなという気持ちがとても大きかったので。普段、プロレスの撮影をしてくださっている方、記者の方も来てくださっていたのも見たので絶対にいいものにしたいなと思って一生懸命やりました」

そして、珠理奈の口からはサプライズが!!

「豆腐プロレスは次の展開が決まりまして! でも、詳しいことは私の口からは発表できないので、近々発表されるので……皆さん、トランキーロ! あっせんなよ!」

2年連続2度目のプロレス大賞MVP・内藤哲也の決めゼリフを引用して、新たなる展開を予告! 豆腐プロレスの継続はデスティーノ(運命)ということか……!? 続報を待ちたいと思います。

「私のファンの方も新日本プロレスを見に行く方もたくさんいらっしゃって、握手会でもプロレスの話をたくさんしてくれるんですよ」と語る珠理奈。

実際、握手会の会場でもロス・インゴベルナブレスのグッズやタグチジャパンのグッズを身に着けたプロレスファンと思われる方が多く見受けられる昨今。珠理奈が架け橋となって、それぞれのファンが行き来している姿はじつに素晴らしい光景です。

「見に行きたいから『2018年のイッテンヨンはお仕事を開けてください』とスタッフさんに言っていたら、まさかアンバサダーとしてここに来れるとは思っていなかったです。本当に嬉しい(笑)。まだプロレスを知らない方だったり、SKE48のファンの皆さんだったり、新しい方にも新日本プロレスの魅力が伝わるようにしっかりお伝えできればと思います」と笑顔で語る珠理奈。翌日に控える東京ドーム大会に向けて「みんなでプロレス! イッテンヨン!!」と気合を入れて、この日は終了しました。


2018.1.4☆じゅりぼう|松井珠理奈|ブログ|SKE48 Mobile


1.4東京ドーム大会のアンバサダーをやらせていただけるなんて、夢のような時間でした(^ ^)

開会宣言は、すごく緊張しました!!

貴重な経験をさせていただき感謝です!!

今日は、リングに映えるSKEカラーの振袖で☆

世界中を感動させる、新日本プロレスの魅力は、本当に素晴らしいです(^ ^)

SKEも世界の皆様に知っていただけるようなグループになれるようにがんばります!!

最高な1日でした♪♪

第1試合開始前に振袖姿でリングに上がった珠理奈は、リングの中央で堂々と開会宣言を行ないました。

「ついにこの日を迎えました。スペシャル・アンバサダーの松井珠理奈です。この新日本プロレスの激闘を世界中に届けていきましょう。今日は感情を吐き出して、皆様と一緒に『みんなでプロレス! イッテンヨン!!』と叫びたいと思います。それではみなさん、いきますよ。みんなでプロレス! イッテンヨン!!」

そんな挨拶とともに花火が次々と爆発して、東京ドームは大歓声! プロレス界最大のイベントのオープニングをド派手に飾りました。

その後、珠理奈は「みんなでプロレス! イッテンヨン!!」Tシャツを着用して放送席に座り、ゲスト解説として松木安太郎氏、蝶野正洋選手らとともに実況に参加しました。珠理奈の声ははしゃぎすぎるわけでもない絶妙なテンションで、それでいて見どころはきっちりおさえており、プロレスファンにも好評だった模様。低くて通りやすい声ということもあり、フィットしていたように感じました。

ちなみにこの日の大会は新日本プロレスの定額制配信サービス「NJPW WORLD」で世界中に配信されていたのですが、世界的な人気を誇るスーパースター、クリス・ジェリコの参戦の影響もあって世界中から大きな注目を集め、Twitterのハッシュタグ「#njwk12」が全世界のトレンドで1位を獲得! 珠理奈が約3ヶ月にわたってアンバサダーを務め、PRしてきた大会は日本のみならず世界中から注目を集めるビッグイベントになったのでした。アーカイブも配信中なので、この大会を見逃した方、珠理奈の解説を聞きたい方はぜひ「NJPW WORLD」をご覧ください。

大会終了後、珠理奈はこう語っっています。

「選手の皆さんが命を懸けて闘う姿に感動しましたし、世界中を感動させられる新日本プロレスは本当に素晴らしいなとあらためて感じました。1.4で終わりじゃなくて、ここからのストーリーを私自身もずっと応援していきたい。また来年もこの東京ドームで皆様にお会い出来たら嬉しいなと心から思ってます」

同じく実況席で解説を務めていたミラノ先生は「(珠理奈は)アンバサダーとしての働きぶりが過去最高と言われています。広め方が凄いですよね。レベルが違いました」と高く評価。ちなみに「レベル(ルェェェェヴェル)が違う」とは、IWGPチャンピオン・“レインメーカー”オカダカズチカ選手を評する際のマネージャー・外道選手の言葉。珠理奈が金の雨を降らせたかどうかはともかく、注目の雨が降るお手伝いはできたのではないでしょうか?

ワールドプロレスリングの実況担当・野上慎平アナから「一過性ではなく長く好きでいてほしい」と振られた珠理奈は、「ずっと好きですよ! これを見たら!」とニッコリ。

さあ、次はプロレスからもらったエネルギーをSKE48の活動でも発揮する番です! 最近のブログでは大矢真那卒業の寂しさ、一期生が一人だけになってしまった孤独を隠そうとしない珠理奈ですが、そんな時に元気をもらえるのが、きっとプロレスなのでしょう。

「SKEも世界の皆様に知っていただけるようなグループになれるようにがんばります!!」とブログに綴った珠理奈の2018年に注目しましょう。


最近はSKE48Mailの送信頻度も上がっています!! こちらもご注目ください!!

SKE48Mail 松井珠理奈