SKE48

SKE48 Mobile for SMARTPHONE

「豆腐プロレス The REAL 2017 WIP CLIMAX」レポート&ブログ


8月29日に後楽園ホールで開催されたWIP(ワールド・アイドル・プロレス)。ドラマ「豆腐プロレス」で活躍したメンバーに、新たなメンバーが加わり、後楽園ホールで実際にプロレスの大会が開催されました。今週の「よりぬきモバイルさん」は大会で活躍したSKE48勢をレポートしつつ、大会を振り返ったメンバーのブログを抜粋します。

SKE48からはハリウッドJURINAこと松井珠理奈、オクトバス須田こと須田亜香里、クイウチ松村こと松村香織、サックス古畑こと古畑奈和、バード高柳こと高柳明音が出場し、熱いパフォーマンスを繰り広げました。

試合で最も輝いていたのは、メインイベントで20分超えの激闘をハリウッド式ディスティーノで制したハリウッドJURINA。ロングスピーチ横山(横山由依)からフォール勝ちを奪ったこの試合、出場メンバー4人の中で最もプロレスを愛するJURINAが体を張って試合を組み立てており、横山のハイキックを顔面で受けて吹っ飛んだ場面や同じく横山のサクラスペシャル(エメラルドフロウジョン)で頭から落とされた場面では、会場全体が大きくどよめいたのが印象的でした。

試合後の記者会見では「後楽園ホールはプロレスの聖地ですし、生半可な気持ちではできないなと思いました。もしプロレスファンの方が試合を見た時に『アイドルがプロレスか』とがっかりされない試合をやらなきゃいけないというプレッシャーを一番感じていた」と今回の試合に向けて背負った覚悟を語った珠理奈。プロレスに目覚め、プロレスを「愛してま~す!」と公言するだけあって、一番イキイキと身体を張って感情をぶつけ合っていました。「私は10年に1人の逸材なので、あれだけやってもまったく疲れていません!!」と新日本プロレスの100年に1人の逸材・棚橋弘至選手の言葉を引用して締めくくったその表情からはエースの自信と風格がみなぎっていました。

試合もさることながら、マイクで素晴らしいパフォーマンスを披露したのはオクトパス須田(須田亜香里)。第3試合にマッチメイクされたことが気に食わない須田は社長をリングに呼びつけて詰め寄りました。

「社長、この後楽園ホールっていう大舞台、私が第3試合ってどういうことですか? どうしてメインじゃないんですか? 何とか言えよ、オラ! (ハリウッド)JURINAも(道頓堀)白間もかわいいですもんね。だからって社長のお気に入りにして、どこがいいんですか? あいつらって本当に強いんですか? 私はそうは思わないです。いつまでも実力ないヤツらの神輿を担がされるこっちの身にもなってみろよ! 確かに、私はブスだし華もない。(観客:そんなことないよー)サンキュー。でも、ここで一番強いのはこの私なんだよ。ねえ、社長。社長って工事現場同盟がお好きですよね。最強ヒール? 笑わせるんじゃねえよ! あいつら、ブスな顔を隠すために派手なペイントなんかしやがってよ! ダセェんだよ! 本物の最強ヒール、ダースーベイダーズが見せてやるよ」

どうですか、この堂々たるマイク。ファンの皆さんの合いの手も絶妙でした。

プロレスとアイドルの大きな共通点に、この「エースとその他大勢の問題」があります。この日の会場の後楽園ホールは、その昔、長州力が藤波辰巳(当時)に「俺はオマエの噛ませ犬じゃないぞ」と詰め寄った会場。この日、その他大勢のポジションにラインナップされた須田のマイクは、長州力の伝説のマイクと同じ問題提起であり、「プロレスとは何を争っているのか?」をアイドルファンにわかりやすく提示した素晴らしいパフォーマンスだったと思います。

メインの試合後、試合をした全選手が揃って「シュートサイン」を歌い始めると、歌うことを拒否していた須田率いるダースーベイダーズがハリウッドJURINAを急襲! シャイニングウィザードでKOしてベルトを強奪すると、再びマイクアピールを繰り広げました。

「オマエら、おかしいと思わねえのかよ、オイ! ガチで試合やるっつってんのに、なに試合の最後になかよしお遊戯ごっこをやってんだよ!? オイ! しかも、さっきまでガチでやってヘトヘトになってたはずのやつが、なにピンピン踊ってんだよ! オマエら、おかしいだろうがよ! とりあえず、このベルトは預かっておいてやるよ」

往年のビューティー・ペアやクラッシュギャルズのように試合後に熱唱する展開は最高でしたが、それは「ガチプロレス」を標榜する今回の大会の矛盾点でもあります。そこを的確に突く須田のドスの効いたマイク。ハッピーエンドをぶち壊して、物語を“次”へと繋げる重要なパートでした。プロレスのリングでトップへの階段を登る条件は、試合で魅せられること、マイクで観客を魅了できることなど、アイドルと同じく求められるハードルは非常に高いですが、須田はそれをきちんとクリアしてみせました。このままハリウッドJURINAとの抗争に突入するのでしょうか。

リアルな背景、リアルな感情が、リングに持ち込まれた時にプロレスという舞台装置はその魅力を発揮します。須田亜香里自身のストーリーと、オクトパス須田のキャラクターがしっかりリンクしているので、マイクパフォーマンスの言葉にも重みがでます。豆腐プロレスがこれからも続いていくとしたらキーパーソンは、須田になりそうな気がします。

クイウチ松村は顔にペイントをした悪役(ヒール)に徹していましたが、試合内容は一番タフな内容でした。今回、唯一の本職プロレスラーとの試合が組まれた松村とユンボ島田(島田晴香)の工事現場同盟は徹底的にボコボコにされる展開で、とくに松村はフライング・ボディプレス、ネックハンギングツリー、ジャイアントスイング、トップロープから転落、アルゼンチンバックブリーカー、顔面パンチ、噛みつき攻撃とアイドルの限界を超えた波状攻撃を受けまくりました。ユンボ島田のサポートもあり驚異的な粘りで息を吹き返すと、コーナー最上段からジャンプして背中から相手に落下するダイビングセントーンを初披露! 大観衆の「松村」コールを受けてクイウチドライバーでシェリー・ヤマナカからフォール勝ちを奪いました。

プロ相手なので思いっきりぶつかることができたため、試合の迫力がこの試合だけ桁違いでした。ヒールのペイントが剥げ、現れた素顔からはとめどなく涙があふれる姿は、笑いではなく大きな感動を呼びました。かつて芸能人がプロレス参戦をして話題を呼んだハッスルのベストマッチとも言われた天龍源一郎・川田利明 vs レイザーラモンHG&RGの名勝負を彷彿とさせる試合内容でした。

バトルロイヤルに徹子の部屋のテーマをサックスで吹きながら登場したサックス古畑のトボけたキャラがじつに見事で、体格差のあるジャンボ佐藤のアトミックドロップにより“おケツ”を強打という、SKEファンならニヤリとするような試合展開もあり、よく作り込まれていました。

7回の引退撤回を経て8回目の引退宣言を行なったバード高柳の徹底したヤラレっぷりも素晴らしかったです。須田とのエルボー合戦、キックの応酬(須田のエクソシストが最高!)など見応え充分。アイドルとしての躍動感が、試合の中でもいかんなく発揮されていました。

豆腐プロレスをメンバーたちはどう感じていたのか、ブログで振り返ってみましょう。



高柳明音

・Θ・){腐|高柳明音|ブログ|SKE48 Mobile
足に腕に背中
踏まれた鎖骨にまで

青アザだらけ
2日の公演までにーっ!て
思ったけど治らないだろうなー。笑

めっちゃ痛いんだけど
なんだかこのアザ達が勲章のように
感じて嬉しいんだよね。笑


須田亜香里

#須田亜香里 #豆腐プロレス #WIPCLIMAX #オクトパス須田|須田亜香里|アメブロ
体は柔らかいけど
頭が固くて
自分が信じた正義は絶対に曲げたくない。

よく言えば馬鹿正直な努力家
悪く言えば頑固

ヒールでありヒーローでありたい
そんなエンターテイナーなのかな?と
須田亜香里は思います。


松村香織



古畑奈和



松井珠理奈