SKE48 Mobile

SKE48チームE・佐藤すみれ

7期生としてAKB48に加入。2014年の大組閣にてSKE48に移籍。
現在に至ります。2017年8月末現在、AKB48グループ内で佐藤すみれの先輩となるのは、わずか7名のみ(卒業予定者は除く)。AKB48・SKE48選抜、総選挙ランクインからの圏外そして再ランクイン、じゃんけん大会選抜、AKB48グループで起こる様々な出来事を経験してきた大ベテラン・佐藤すみれが、この晩夏より、SKE48・若手育成係として活動を開始します。

佐藤すみれのす~信簿

劇場に立ち、握手会でファンの皆さんとふれあい、テレビや雑誌などのメディアに出演して、自分やグループをアピールし続けているメンバー。
日々の活動中での疑問、長く続けているからこその悩み、新たな壁にぶち当たったときの戸惑い、そんなメンバーのもやもやを、佐藤すみれが解決に導くコーナーです。
メンバーの自己分析を元に、佐藤すみれが少しずつ少しずつ心の【こり】をほぐし、最後にそのメンバーにアドバイスを送ります。
(決して佐藤すみれの趣味ではありません。)

第5回:上村亜柚香

第5回の相談者は、チームS・上村亜柚香。2015年5月、第2回ドラフト会議にてチームSに指名されSKE48に加入。AKB48グループ最年少(加入当時)、ダンス、トークともに年齢以上のスキルを見せファンの間では上村プロと称される上村亜柚香がすー信簿に立候補!

上村 失礼します。

佐藤 あら、かわいい子が来たねぇ。

上村  フフフ、よろしくお願いします。

佐藤 かわいい〜。子供〜。小学生みたい(うっとり)。じゃあ、今日は亜柚香の悩みを一つに絞って書いてきてもらいました。見せてもらっていいですか。

上村  はい。「握手売上を伸ばして前に出たい」です。

佐藤 分かりやすくてよろしい。これはパッと思い浮かんだの?

上村  悩みはいっぱいあるんですけど、まずは握手売上を伸ばすことかなって。

佐藤 とりあえずいまの自分に一番近い悩みはこれだと思って書いた感じかな?

上村  はい。

佐藤 最後には何かしらヒントを出せるように私も頑張ります。今日はチャートも書いてきてもらいました……あれ? たしか私の記憶だと10点満点だったと思うんだけど、テストの点数(100点満点)みたいになってますね。これは間違えたの?

上村  そうなんです(笑)。

佐藤 その間違えにスタッフさんも対応して、表を書き換えたっていうことですかね?

上村  すみません(笑)。

佐藤 わかりやすいけどね。これ自分で説明できる?

上村  歌は上手くもないし下手でもない中間ぐらいなので35点。ダンスは小さい頃からチアダンス教室に通っていたので自信はあるので70点。ルックスは程よく、ブサイクでもないし、めちゃかわいいというわけでもないので……。

佐藤 いやいや、私はかわいいと思うよ。自分では50点なのね?

上村  はい。トーク力はクソガキというか生意気な感じで毒舌で「おばさん!」とか言うとファンの人は笑ってくれるので45点。SNSはTwitterとか始めたばかりで使い方がわからないから苦手です。

佐藤 あまりやらない、と。女子力は53点ってすごく中途半端だけど、ルックスより3点勝ってるのは何なの?(笑)。

上村  女子力はメイクとか興味があるんですけど、中途半端なので53点にしました。

佐藤 そうだね、50って中途半端だもんね。100の半分だし。これがいまの亜柚香の自己評価なのね。一番自信があるのはダンスか。それでも70なんだね。一番自信があるのは90点ぐらいいくと思ったけど、(SKEには)踊れる子も多いし……ってことかな?

上村  はい。

佐藤 じゃあ、握手売上を伸ばして前に出たいということだけど、いま何部やってるの?

上村  いまはまだ1部です。

佐藤 売上を伸ばしたいということは、まずは2部にしたいということかな。

上村  はい。

佐藤 前に出たいというのは、具体的に何をしたいとかある?

上村  チームSでカップリング曲に出させていただくと、どうしても後ろになっちゃうんです。チームSには7期生・ドラフト2期生の同期が5人いるんですけど……。

佐藤 多いんだね。

上村  一色嶺奈ちゃんとか野島樺乃ちゃんは2列目の真ん中にいるので凄いなと思うんですけど、その2人は握手も人気があるので、握手売上を伸ばして前に出たいなと思います。

佐藤 前に出たいというのは、ポジション的に前に出たいということ? それとも具体的に、こういう仕事をしたいという夢はあるの?

上村  将来はモデルさんとしても活動できるようになりたいなと思います。

佐藤 そうなんだ。モデルという夢を持ってちゃんと活動してるんだ。同期が自分より前のポジションにいて悔しい部分もあるし、それをかなえるためには握手の売上を伸ばすのが一番早いかなっていう考えということだよね。

上村  はい。

佐藤 いまは握手会はけっこう並んでる?

上村  日によります。並んでない時もあるし、並んでる時もあるし。

佐藤 同じ人がいっぱい来てくれることもある?

上村  はい。

佐藤 でも、売上を伸ばすということは、言い方が直接的過ぎるけど、新しい人に来てもらったり、来たことがない人にも来てもらうというのが手っ取り早いというか。今日これを読んで「握手に行ってみよう」と思う人がちょっとでも増えれば成功だと思うんだけど、普段握手の売上を伸ばすために自分が頑張ってることはあるの?

上村  最近、TwitterとInstagramを初めたんですけど、Twitterはいろんな人が見てくれるのでなるべく更新したいなと思うんですけど、あまりうまく更新できていないので……。

佐藤 じゃあ自分がいま一生懸命で本気になってるものは、そんなにないってこと?

上村  (無言でうなづく)

佐藤 うん!?(笑)。

上村  でも、将来はSKE48の選抜に入りたいなって思うし、いま一番頑張っていることは劇場公演です。ファンの方との距離も近いですし、ファンの方もいっぱいいるので、目を合わせたりとか……。

佐藤 いろんな工夫をしているのね。あとはどんなことしてる?

上村  劇場公演に自分のファンの方がいっぱいいるという場面はあまり見たことがないでの、他のメンバーのファンの方が最前列にいたら目を合わせたりとか。

佐藤 ちょっとでも応援してくれるように自分でできることはしてるんだね? 前に出たいというのは選抜になりたいということ?

上村  まずはチームS内のポジションを上げたいです。

佐藤 ここに「前に出たい」というふうに書いたのは、まずその目標を叶えたいということなんだね。選抜入りの夢を諦めたとかそういうことではなくて、いつかはやりたいと思ってるんだよね?

上村  はい。

佐藤 握手会というのは全員が同じ条件なわけだから、工夫しようかなとか、どうやったら人が来てくれるんだろうって考えることはある?

上村  SKE48で二番目に若いのでかわいくしたりとか。「ファンの人はそういうのが好きだから、もっとできるうちにツインテールとかした方がいいよ」って先輩に言ってもらえるので、かわいい洋服を着るようにしています。

佐藤 服装とか髪型を工夫しているのね。握手会ではどんな対応なの? そのまま子供って感じ?

上村  はい。「初めて来ました」っていう人には、敬語でかわいく対応するようにしています。

佐藤 いつも来てくれるような人にはもしかしたら仲良しな会話かもしれないけど、始めて来てくれた人には丁寧に対応していると。それをいま本気で、死ぬ気でやってる?

上村  (首を横に振る)

佐藤 そこを「はい」って言えるくらいまで自分でできたら少しは結果も変わってくるんじゃないかなと思うんだけど、私が長い間、握手会をしてて思うのは来てくれる人とか、出る数字ってわりと自分次第で変わるんだなって結果的に思った。それは自分の体調とかモチベーションもあるけど、握手を頑張るっていう言い方も変だけど、がんばった分だけいろんな人が来てくれるんだなというのを実感してる。時間にしっかり出るとか、そういうことはできてるんだよ。何部もやってると時間通りに出ないということもあって、私はそれを後輩に注意したりしてたんだけど、そういうところも見ている人って多いと思うから。当たり前のことはクリアして、これから新しい人が来てくれるように……。これまで亜柚香のことをあまり見ていなかったけど、気になるっていう存在になることが大事だと思うから。私とか他の先輩のSNSに上がるのもそうだし、自分できっかけを作って気になってもらう存在にさせることは、もう少しいまよりもできるんじゃないかと思っていて、それについてはどうだろう?

上村  チームSの先輩も「かわいいからまだ握手の売上とか気にしなくていいよ」と言ってくださることが多いんですけど、う〜ん……(長い沈黙)。

佐藤 握手会は楽しめているの?

上村  はい。

佐藤 まあ、そうだよなぁ。かわいいんだよねぇ(笑)。自分のファンはかわいい感じとか、クソガキ感を求めてる?

上村  人によっては「亜柚香のクソガキ感がかわいくて気になり始めた」っていう人もいるし、「公演のダンスを見ていいと思ったからファンになりました」っていう人もいるんですけど、一番多いのは「生意気な感じは最近のSKEにはなかったから、そういうのがいいねと思ってファンになりました」っていう人たちです。

佐藤 クソガキのキャラは素なの?

上村  (即答で)素です!

佐藤 べつに無理はしてないんだよね?

上村  全然してないです。

佐藤 周りはほぼ年上じゃん? クソガキのキャラをもっと前面に出すのはアリってことだよね。確かに、いまクソガキって言われてる人がいないもんね。もちろん、私も「(亜柚香が)クソガキ」ってイメージはあったけどね。握手売上を伸ばしたいと思ったのはいつ頃からなの?

上村  13歳の誕生日を迎えたときです。半年前くらい前です。

佐藤 最近だね。それから、変わったの?

上村  「公演のパフォーマンスを見て来ました」とか「ちょっと気になったから来ました」っていう人は増えました。

佐藤 前に比べてちょっとずつ増えてきた感じはするんだ? でも、2部にするにはもうちょっとかかるというか。私が個人的に思うのは、私がSKEに来てから最初は4部だったんだけど、それがどんどん減っていったの。「私はこういう仕事がしたい」「こういう理由で選抜メンバーに入りたい」「こういうことでファンを喜ばせたい」「だから握手会の数字を上げたい」ということをもうちょっと明確に言ってもいいんじゃないかなと思うんだ。「前に出たい」と言われても、それは一番わかりやすい言葉かもしれないけど、前に出ることによってどんなことが起きるのかという自分なりに答えを見つけて発信するのも、いまいるファンも新しく気にしてくれる人にとっても嬉しいんじゃないかな。たぶんマイナスがないと思う。それがかなわなそうな夢でもいいし、前に出ることによって私が何をしたいのかをアピールするのがいいかなと思うんだけど、それはどうかな?

上村  自分のことを発信するのが苦手で、ファンの人にも握手会とかで「もっと思ってることあるんじゃない?」って聞かれたときにも「大丈夫」って流したりしてたので、言うことは大切なんだなって思います。


握手会の部数を増やしたいというより具体的な悩みを持つ上村亜柚香。これまでで一番悩んだという佐藤すみれが出した回答とは?

続きは動画で!(36分) ※ 動画をご覧いただくにはSKE48 Mobile会員への登録が必要です。(月額324円(税込)) ※ 上村亜柚香のプロフィールを見る 上村亜柚香のメールを受け取る
佐藤すみれのプロフィールを見る 佐藤すみれのメールを受け取る

第1回:水野愛理

「序列を上げたい」という水野愛理の悩みに、佐藤すみれが送った言葉とは

第2回:太田彩夏

「公演に出たい」という太田彩夏の悩みに、佐藤すみれが送った言葉とは

第3回:野島樺乃

「努力は本当に報われますか」という野島樺乃のどストレートな質問に、佐藤すみれが出した答えとは?

第4回:杉山愛佳

キャラクター変更に悩む杉山愛佳に、佐藤すみれが出した答えとは?