SKE48 Mobile

【こどもの日 スペシャル対談】このキッズがすごい!2016



--そんなワケで今年もキッズ大好きなお二人をお招きして、かわいい子供たちの魅力を存分に語り明かしていただこうと思います。しかし、一年ってあっという間ですね。

本当にあっという間でしたね。

メンバーはそんなに変わってないよね。

ドラフト2期生が入ったぐらいですかね。

--今年も、SKE48全在籍メンバーの学年別リストを持ってきました。昨年、松村香織さん・大場美奈さんがOA(オーバーエイジ)枠で選ばれる波乱の結果に終わったことを受けて、全ての年代をレビューしていただければと思います。

えっ、かおたん(松村香織)って次でもう27歳なの!?

(斉藤)真木子が意外と若いんだよね~。

私、23歳のカテゴリーに入ってるけど、まだ22歳ですよ。

--便宜上、学年別でリスト分けしてますので…ってこのやり取り、去年もしたような。

(リストを見て)20歳・19歳・17歳になるコが多いんですね。"えごなる"(江籠裕奈・市野成美)がもう17歳になるんだ。

高2は10人もいるんだ~。花の17歳…"えご世代"ですね。

--"えご世代"…何かキャッチーですね。"永遠の17才"なんて言葉もあるように、女性アイドルにとって17歳って大事な一年と言われていますし、この10人は今年、要注目かもしれませんね。

そうなんですね。私は、アイドルといえば14歳からってイメージあるんだけどな~。

それはちょっと低めですよ。

--14歳はまだローティーンっていうか、ジュニアアイドルじゃないですかね。一般的には。

そうですね。やっぱり15〜17歳ぐらいが本番っていうか、アイドルが一番輝き出す時期なのかなって思いますね。

この1年でこんなに変わった!
キッズたちの成長が止まらない!

--まずは最年少、中1の三人から見ていきましょう。

この三人のかわいらしさは、中一ならではですよね。

2003〜2004年生まれって…ついこの前って感じですよね。この時のこと覚えてるもん。

最年少の(上村)亜柚香は、2004年生まれなんですね。

--竹内さんはドラフト2期生の選考に、スカウトマンとして関わってましたよね。

ドラフト2期生のレッスンや合宿に顔を出して、気になるコといろいろお話したり、志望動機を聞いたりしました。すごい楽しかったし、いい経験でした。

--その時に接したドラフト2期生で、印象に残ってるのって誰ですか?

やっぱり(水野)愛理ですね。合宿の頃から目立ってましたよ。プロフィール写真を見た時に、黒くてギャルっぽい服装をしてたので(いかちいなあ、このコ…)って思ってたんですけど。実際に会ってみたら、けっこうなベビちゃんで。でも、子供なりにちゃんと愛嬌もあったりして、面白いコだなって思いました。

--第2回ドラフト会議で、3チームに競合で指名されただけあって、逸材感あったと。他のコはどうでした?

亜柚香は本人もSKE48に来る気マンマンだったし、名古屋出身だし、年も若いしで、私たちが求める条件に全て当てはまってて。特に(宮澤)佐江さんが、ひと目見て超気に入ってました。

こっちゃんはキャラが印象的でしたね。しっかり自己プロデュースしてるようで、実際にお話してみるとすごい幼くて控えめだったり。そのギャップがいいねって話してました。

特にKIIのみんなが興味を持ってましたね。「松村香織を超えるキャラを探そう」ってテーマがあったみたいです。まだまだ本領発揮できてないと思うので、これからキャラが出てくるのが楽しみですね。こっちゃんは中2かあ。

菅原は2000年生まれなんですね。このコも"えご世代"か〜。

--真那さん、今日は"えご世代"ってワード推してきますね。しかし、みんなこの一年で大きくなりました。

亜柚香も愛理も、ほのの(相川暖花)もすごい身長が伸びちゃってね…何かさびしいです。

大きくなってるとはいえ、それでもまだまだみんな小さいですからね。でも、7期生もドラフト2期生も、印象変わりましたよ。

--特にどのコが変わりました?

なるぴー(片岡成美)が一番変わりましたね。なるぴーのアンダーデビューの時は、正直まだ公演出るには早いかなって感じだったんですけど。でも、公演に出続けているうちに、ずっと注意していたところが急に良くなった時があって。

私もうれしくて、すごい褒めたんですけど。それからすごい勢いで成長しはじめましたね。全公演のアンダー出演を制覇したり、急なポジション変更にも対応したりとか。成長する瞬間を目の前で見れて、お互い投げ出さずに続けて良かったなって思いましたね。

--本番のステージに出ることで急成長する部分って、やっぱりあるんでしょうか?

私は、後輩はのびのびやってくれればいいやって考えなんですよ。出せるかどうか迷うぐらいなら、出して育てちゃう方が早いと思ってます。たとえ上手にできなくても、ちっちゃいからしょうがないかなって思うし。

どんなコだってファンの方の前に立てば変わっていくっていうのは、このステージでずっと見てきましたから。それに、パフォーマンスが足りないコをカバーしていくのも、私たち上の期の役目です。

続きを閲覧するには月額会員登録が必要です。

「このキッズがすごい!2016」予告編

「このキッズがすごい!2015」はこちら