SKE48 Mobile

松村香織・生誕祭レポート

2017年1月19日、SKE48劇場で松村香織11回目の17歳の生誕祭が開催されました。生誕祭公演から、本人のコメント他をお届けします。
■影アナ(担当:竹内彩姫)
みなさ~ん、今日は愛すべき松村香織さんの生誕祭でーす!みなさん、香織さんを応援する声は大丈夫ですか?大好きな香織さんに愛を叫びましょう!香織さんが大好きなチームKIIのさきぽんこと竹内彩姫でした。
<MC(自己紹介)>
●竹内彩姫
私がSKE48に入った時12歳だったんですよ。それで、今17歳なんですよね。そう!お気づきの方もいるように、同い年なんですよ!12歳からここにいるので、結構香織さんのファンの方と面識がありまして(笑)結構ね、握手会にね。あ、なんでもないです。私は12歳からここにいるということで、香織さんと共に、私の成長も仲良しの皆さんに見ていただければいいなと思います。

●大場美奈
私のSKE48の推しメンは、変わらず松村香織ちゃんです。というわけで、今日は皆さんと一緒に推しメンを幸せにしていきたいと思います!

●古畑奈和
私の人生に香織さんがいなかったら、今ここにいないというくらい!(松村:言い過ぎじゃない?)言い過ぎなんですけど。ウソウソ。本当にたくさん研究生の頃から支えてもらったので、今日はその恩を返せるように、パフォーマンスで魅せていきたいと思います!

●小畑優奈
私の妹が家でずっと松村香織さんのキャッチフレーズを言ってるんですよ。なので、「松村さんのこと好きなの?」って聞いたら、「普通~、でもキャッチフレーズは好き」って言ってたんですよ。今日は私の顔も覚えてもらえるように頑張ります!

●江籠裕奈
私も香織さんのキャッチフレーズの話なんですけど、私が研究生の頃に「萌え萌えキュンは左からハートを作って……」とか香織さんにめっちゃ伝授されたんですよ。でもその割に最近香織さん雑なんですよ、キャッチフレーズ。なので、今日は全力の「萌え萌えキュン」に期待して、私も裏で聞いていたいと思います。

●北野瑠華
香織さんはダンスが苦手で、よく瑠華にふりを聞いてくるんですよ。最近、とりあえず聞いとけばいいやみたいな感じで、覚える前から聞いてくるんですよ。それはね、3期生様としてどうかと思うんですけど。ダンスな苦手な香織さんを、今日は主役なので、私がサポートしていけるように頑張りたいと思います。

●白井琴望
香織さんは、7期生とドラフト2期生に「一番怖い先輩は誰?」っていうアンケートを取った時に、香織さんが1位だったんですけど、こっちゃんちゃんと、香織さんの名前を書かずに、他の先輩を書いたんですよ。(北野:逆に誰?)美紀さんです、矢方美紀さん。(メンバー一同:言っちゃうんだね)今日は香織さんの素敵なところを見習っていけるように頑張りたいと思います。

●惣田紗莉渚
私、チームKIIの中で、一番連絡を取ってる人を見てみたんですよ。そしたら、香織さんと一番連絡を取ってるんですよ。それがすごいびっくりしたんですけど、香織さんのファンの方って年齢層高いじゃないですか?(客席:そんなことないよー!)私のファンの方も年齢層高いって言われてるので、今日楽しみに出てきたら、多分私のファンの人達よりちょっと高い。(松村:おめでとう、勝ったよ)今日はこの雰囲気をもっと盛り上げていけるように頑張ります!

●日高優月
私、香織さんに文句があるんですけど、この自己紹介MCで、メンバー1人が終わったら、みんなで「イェーイ!」って言うじゃないですか。あれ絶対香織さん言ってくれないんですよ!「なんで?」って聞いたら、「疲れるから」って言うんですね。そこで年上感出されても困るっていうか。今日はスルーするんで、次からはちゃんとやってくださいっていうやつです。(松村:たまには言ってる。3回に1回くらい言ってる。あと、面白かった時に言ってる)あっ。頑張ろう!(松村:嘘だけどね!ちゃんとやりますね。)そんな香織さんも大好きということで、これから沢山、皆さんと楽しい時間を過ごせたらいいなって思います。(松村:イェーイ!)

●内山命
かおたんはね、もう27歳になったんですよ、知ってましたか?(客席:えーっ!)かおたんは、公演の終盤曲になってくると、本当に、本当に踊ってない(笑)。移動も息上がりながらみたいな感じなので、今日こそは、DMMに沢山抜かれると思うし、ファンの方もいっぱい見てますから、頑張って欲しいです。あと、ファンは推しに似るって言うんで、みなさん終盤曲で疲れても、寝たりはしないでください!かろうじて起きて、一瞬振るくらい。もうなんとかサイリウム振ってますよくらいの誠意を見せていただけたら私達も頑張れるので。最後まで起きててください!

●松村香織
何、何振ってるの?(客席:バット!)あっ、ありがとうミニバット!みんなそれ自分で使ってください。生誕祭ということで、さっきみこってぃも言ってたんですけど、普段よりDMMのカメラに映るということで、ちょっとごまかしがきかない(笑)。すごく緊張しているんですけれども、頑張ります。今日は手を抜かずにしっかりと踊っていきたいと思います。

<MC3前半 ~メンバーからかおたんへの質問~>
●荒井優希
Q.香織さんって色々な経験されてきて、香織さんにしか聞けないなって思うことなんですけど、SKE48人生で、ピークだった頃の年収を教えてください
A.いや、言えないでしょこれは!ちなみに、ちなみに言うと、去年が一番もらってた。(メンバー:ピーって言うから!)絶対言わない!でも、本当に言えるのは、すごいゲスいけど、夏のあのイベントは出たほうがいいよ。(大場:それ言うなら言えよ!)去年はすごいよかった、今年はやばい。(大場:でも去年出てないよね?)だからなの。去年の評価が今年だから。夏のイベントは絶対出たほうがいいよ!本当にハロウィンナイトのおかげ!まじでここにいる皆さんのおかげ。

●小畑優奈
Q.私、髪の量が多くて、重く見えるのが最近嫌なんですけど、どうしたら減りますか?

A.全然ストレス与えるけどそしたら。ダメだよ、ゆななはそのままでいて!(大場:ヘアアレンジで少なくしていこうね。毛根から抜けるのはね。)ノーストレスでやっていってください。
●高塚夏生
Q.可愛い質問じゃないんですけど、キャラがいまいち見いだせないんですけど、どうしたらいいんですか?
A.正直に言うと、高塚は、いじっていいのかいじっちゃいけないのかが、わからないのよ!ファンの方もツッコんでいいのか、「そんなことないよー!」って言ったほうがいいのか、いまいちよくわかってなくて。(高塚:いいですよ、いじって。私この何年間の間に鋼のメンタルになったんで、多分何言われても大丈夫です。)確かに強いかも!本当?いじっていいということで。(大場:かおたん頑張っていじってよ!)わかった、上手く返してよ!ムスッとされても困るからね。

<MC3後半 ~香織さんとの意外なエピソード~>
●竹内彩姫
香織さんって、ちょっとケチなんですよ。(内山:ちょっと?大いにケチだけど。)なんかお金とかあんまり使いたくないんだろうなっていう性格じゃないですか。なんですけど、研究生のアップカミング公演のレッスンのあとに、みんなでご飯を食べに行こうってなったんですね。8人位多分いたんですけど、全部おごってくれました!(高木:さっきのね、ハロウィンナイトで潤ってたんだよ)意外だなって思いつつ、すごい感謝してます。だって8人ですよ!感動しました。

●江籠裕奈
私、あの香織さんとの共通点って言ったら、同じチームってくらいだと思うんですよ。本当に、期も違うしね。でも、なぜか同室がすごく多くて。『前のめり』の選抜は沖縄でMV撮ったんですけど、2日間香織さんと共に。香織さんってすごいから、加湿器がとか、延長コードがとかっていうことで、お母さんみたいでした。(内山:かおたんと同室になると、すごい快適な暮らしができるんですよ。)それで、すごい意外な一面は、えっ、いい?喋って。総選挙の時に選抜入った時に、香織さんが。ずっと同室だったんですよ。コンサートもあって1週間近く同じ暮らしで。かおたん必ずお風呂がめっちゃ遅いんですよ。私が寝た頃に入るんですけど、お風呂で必ずお母さんに電話するんですよ!それで起きちゃって聞いてたら、「総選挙ランクインしたら何話そう?」みたいな話を毎晩毎晩。言ったら怒られるかもしれないけど、お母さんとすっごい相談していて、深い時間に。だから、ハゲとかネタで言ってるけど、お母さんと一緒に考えてるんだな、27歳と思って。すっごい意外だった!

生誕祭 司会:内山命

●手紙:チームKII(代読:大場美奈)
愛するかおたんへ。お誕生日おめでとうございます。香織さんは、私がチームKIIのアンダーの練習をしていた時、そのことを知らなくて、「まだアンダーの練習してないの?」と注意してくださったことがありました。そして、後で私が練習していることを香織さんが知った時、香織さんがわざわざ後輩の私に謝ってくださって、本当にだれにでも平等で、裏表がまったくない先輩だなと思いました。
私がドラフト2期生で一番最初にアンダーに出演できたのも、昇格が早く出来たのも、香織さんのおかげです。私が香織さんを目指しているのは、そういういつでもSKE48のこと、チームKIIのこと、後輩のことも考えてくださっているところも含めて、私は香織さんみたいになりたいです。これからも、香織さんから色々なことを学んでいきたいです。まだまだよろしくお願いします。
白井琴望より。
松村さんには、私の握手会対応を見て、たくさんのアドバイスをいただいて、「注意するのはこれで最後だよ」って言われて、ちゃんと握手会の対応を見直さないといけないなと思いました。ファンの方に楽しんでもらえる握手会をできるように頑張ります。
水野愛理より

「0start」公演の初日に向けてのレッスンで、『夢の鐘』の間奏が難しく、なかなか覚えられなかったんです。先輩たちができる中、振り覚えの悪い私は全然出来なくて、時間がかかってしまいました。そんな中、なんと香織さんもいてくれて、香織さんと私の二人だけ教えてもらいました。その時は、1人じゃなくて、香織さんもいてくれて、本当に心強かったです。
小畑優奈より
いつも、なにかと優しい香織さんが大好きです。この間も夜中にメールをしたのに、優しく返信してくださって、とても助かりました。あと、忘れていると思いますが、淀川でビデオを撮ってください。高塚は覚えています。
高塚夏生より
香織さんはいつも面白くて優しくて尊敬しています。香織さんの曲『マツムラブ』をソロコンで新聞衣装を着て踊った時に、声をかけてくださって本当に嬉しかったです。これからも同じチームとしてよろしくお願いします。
太田彩夏より。

香織さんの第一印象はペンギンに似ている可愛い人だなーでした。また一緒に、今度は私が26歳になった時に、『センチメンタル・ジャーニー』を歌いましょう!
江籠裕奈より。

27歳ってことは、11回目の17歳ですね。ついに、私、香織さんと同い年になりました。はい、話は変わりますが、せっかくお手紙をみんなで書かせていただけるということで、ちゃんと感謝を伝えます。私は、香織さんがいたから、今こうしてSKE48として活動しています。公演がなかったときも、怪我をしたときも、支えてくれたのは香織さんでした。だから、ずっとそばで私達を支えてください。辞めないでください。歳に負けないでください。ずっと大好きです。これからも末永くよろしくお願いします。
竹内彩姫より。

私は記憶力がないので、香織さんとの深いエピソードは覚えていないのですが、香織さんは、私達6期生を一から育ててくれた人で、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。最近、卒業しますオーラ出してるけど、私が選抜入れるまで卒業しないで!お願い!
北野瑠華より。

ドラフトで入ったばかりの時、香織さんは私の中で、視界に入りたくない先輩No.1でした。ふっつーにビビってました。でも、今ではいい人だということに気が付き、何か相談をすれば、いい答えが帰ってきそうな感じがして、相談したいです。でも、今のところないので、またその時によろしくお願いします。
荒井優希より。
なんだかんだ、公演以外でお仕事をする機会がそんなになくて、深い思い出がないんですけど、こう見えて香織さんのこと大好きなので、これから作っていきましょう。
日高優月より。

香織さんへ。香織さんはいつも私の背中を強く押してくれて、香織さんが言ってくださる「大丈夫」は、私に安心をくれます。芯のある香織さんのこと、研究生の頃からずっとずっと大好きで憧れです。
古畑奈和より。
かおたんへ。かおたんとは期生も違うし、年齢もまぁまぁ離れているけど、かおたんが「あんちゃん!あんな!」って言ってご飯誘ってくれたりするのが、結構嬉しかったりするよ。最近ではかおたんファンの方も挨拶に来てくれて、「かおたんにハゲって言われたからなぐさめて!」と握手会に来てくれています。そんなズバズバ言うかおたんも大好きだよ。
石田安奈より。

去年の総選挙の時、悔しい思いをこらえて泣くのを我慢して楽屋に帰ったら、誰よりも泣いている香織さんがいて。自分は総選挙に出馬していないのに新潟まで来て、ホテルのバイキングをモリモリ食べて、ちょっと図々しくて、でも、すごくいい人なんだなって改めて思いました。
青木詩織より。

かおたんが27歳だなんて、本当に信じられないです。なにかと炎上させまくっているけど、包み隠さず、自分の言葉で沢山発信できるかおたんは、本当にかっこいいなっていつも思うよ。あと、公演終盤あたりで、疲れ果てているなってひと目見てわかる部分も大好き!
内山命より。

私が一番覚えているのは、総選挙の時、メンバーのことを思いすぎて、過呼吸になった時のことです。その時の様子を内山命さんが今から再現してくれます。どうぞ!(内山:みんな、頑張ってるのに……。はーっ、ゲホッゲホッ!)あの時は本当に焦ったけど、今ではいい思い出です。誰よりもメンバー思いのかおたん。変わらずそのままでいてください。
高木由麻奈より。

香織さんはとにかく裏表がないんです。髪型や服装も似合ってない時は似合ってないと教えてくれて、それだけじゃなく、「こうしたら?」って教えてくれるから、とにかく信用できる先輩で大好きです。私にとって、先輩の中で一番っていうくらい、信頼できる先輩です。だから、結構相談しちゃうんですけど、すごく真剣に、自分のことやメンバーのこと、グループのことを見ることが出来て、大人だと思います。あとは、世の中のことをよく知っているので、税金のこととかそういう話がとてもためになります。
惣田紗莉渚より。

今年もかおたんの誕生日を祝えて幸せです。最初はかおたんのこと大嫌いでした。でも、出会ってからすぐに大好きになりました。かおたんいないと元気が出ない、生きていけないくらいまで、今ではかおたん依存症です。私からのお願いです。おばあちゃんになっても仲良くしてください。そして、いつかトレンディエンジェルのたかしくんと家族になって、マイホームに遊びに行かせてください。
大場美奈より。

かおたんがSKE48とチームKIIの最年長で、この年になっても、まだまだいろんなことに挑戦して、体を張っていてくれるから、私もみんなも頑張らなきゃって思うこと、少なくないはず。かおたん、これからもブッコミ隊長の最強最年長でいてね。豆腐プロレス頑張ろう!
高柳明音より。

みんな、香織が大好きです。敵が多いかもしれないけど、私たちはいつだって味方です。これからも変わらず、松村香織で突き進んでください。いつかのウェディングドレスのかおたんを楽しみにしています。かおたんが幸せになりますように。
チームKIIメンバーより。


松村:すごいね!全員ってすごいびっくりした。ちょっと私、今日が卒業公演なのかと思っちゃった!違う?違うか(笑)

●松村香織より
手紙を書いてくれたチームKIIのみんな、ほんとうにありがとうございます!本当にちょっとビックリしちゃった!「今日の手紙はすごい長いんですよ!」って聞いていて、なんなんだろうと思っていたら……。こっちゃんからこんなに長いのが来るのかと思っちゃって。あれ?って思ったの。一番最初がこっちゃんだったから。全員から、いや本当に嬉しい!ありがとう!でも、すごい、最後かなって感じがすごいしたんですけど。
はい、そんなことは置いといてですね、そうですね。こうやって1年やらせていただいて、本当にありがたいなって思うんですけど。正直、去年の生誕祭で、このステージに立つのはもう最後かなーって思っていて。総選挙に出馬しなかったのも、自分の中で卒業を決めていたので、その中で皆さんに投票してもらうのは申し訳ないと思って、出なかったんですよ。「総選挙になんで出ないの?」って聞かれた時、後輩に譲るためとか言ってたんですけど、実際、もう私は次のステップに行こうと思って、出馬をしませんでした。でも、今ここにいるということは、色々あったわけなんですけれども。勿論、私だけの中で決めたわけじゃなくて、色んな方に話とかご相談もさせていただいていたんですけれども、今ドラマも決まりまして。2クールですしね、先はまだまだ長いわけなんですけれども。

選挙後らへんから、すごいモヤモヤしている自分がいて、卒業オーラとか最後オーラをすごい出していたときが会ったと思うんですよ。その時って、私も投げやりになっている部分もあったし、ファンの人たちへの対応もあまりよくなかったりとか、冷たくしてたなってすごい思うし、決めていたからこそ、他のところのファンになって欲しいと思って色々やったりしてたんですけど、また今年も一年ここにいるということで。去年の春ぐらいの気持ちとは全然違いますし。こじはるさんが2月くらいで卒業発表された時に、自分がAKB48グループの最年長になるってこともあって、自分がここにいてもいいのかなって思うことも多いし、それこそ後輩に譲らなきゃいけないなって思う部分も多いし。上が詰まってるって言われちゃうから。もちろん、辞めて譲ることも大事ですけど、後輩にはいっぱい抜かしてもらいたいなと思うので、ここにいるチームKIIの子たち、もう後輩何人かに抜かされてますけど(笑)もっと抜かしてほしいなと思っています。
個人としては、まだ私はSKE48に……。一回辞めるって決めた人が何を言ってるんだろうと思うかもしれないんですけど、私も本当に悔いがないくらい、後悔しないくらいやりきってから卒業したいと思っていますので、どんな形で卒業発表する日が来るのかわからないんですけど、その時までは皆さんに応援してもらえたら嬉しいなと思いますし、このSKE48を抜けた次のときも、ちゃんとついてきてもらえるように、しっかりした形でその時を迎えたいと思います。いつまでいるかわからないけど、じゃまにならない程度に活動したいなと思っています。

皆さん、色々心配だったり迷惑だったりかけると思うんですけども、ついてきてください。そして、私の背中を押してください。よろしくお願いします。

松村:やばい長くなってしまった。
内山:いや、いいんじゃないんですか?生誕祭だよ?生誕祭はかおたんのものだったから。 松村:チームKIIでもう一回迎えられてとっても嬉しかったです、ほんとうにありがとうございます。
内山:逆にね、お手紙みんな一人ずつから書かせてもらえるっていう機会をいただけたんで。家帰ったら貼っといてね?
松村:貼る!でも重いよ、卒業の時どんなのが来るんだろう?
内山:巻物かなやっぱり。2年くらいかかるくらいの書籍をみんなで書きたいと思います。なのでそれまで、みんなとずっと一緒にいて、思い出もいっぱい作って、ドンドン成長していきましょう。なので、辞めないでくださいね、まだ。
松村:はい。本当!大丈夫!辞める時はちゃんと言いますんで。態度に出さずにちゃんとするんで。
内山:一回皆さん傷つけましたからね。
松村:一回本当に傷つけたの、マジで本当に。
内山:次は卒業発表するってなったときは傷つけない感じで。
松村:しっかりまだまだやっていきます。

<松村香織最後の挨拶>
えっなんでー!いつもいるじゃん!みこってぃとかが。 はい、何言えばいいの?どうしよう。そうだな、でも本当にファンの皆さんがいたから、卒業せずにここにいます。それは事実なので、皆さんがいなかったら、とっくのとうに、チームEに昇格しなかった時点で辞めてましたので、いっぱい昔から支えてくださってありがとうございます。これからも、私はファンの方が一番の自慢だと思っているので、沢山夏に迷惑かけるかもしれないけどね?よろしくおねがいしまーす!ありがとう大好き!