SKE48

SKE48 Mobile for SMARTPHONE

SKE48 Mobile & Mail Award 2018 受賞者紹介

今年もSKE48 MobileとSKE48 Mailで活躍したメンバーを紹介します。

これまではモバイルとメール、それぞれで注目のメンバー紹介してきましたが、
今回は2017年12月16日から2018年12月15日までの1年間の
【1日あたりの公式ブログ送信数】
【1日あたりのメール送信数】
【メールの送信頻度】(毎日送っているか、日によってムラがないか)
【メール登録の伸び率】
を元に、上位にランクインしたメンバーをカウントダウン&シークレットクイズ形式で発表していきます。

まずは12月26日より2019年1月1日までカウントダウン形式で注目の7名=モバメル7を発表します。
モバメル7とは…
SKE48 Mobile公式ブログとSKE48 Mailで2018年に活躍したメンバー7人の総称。
SKE48のSNSクイーンは元より今年はニューカマーもランクインしています。

モバメル7

1:竹内彩姫

SKE48のSNSクイーンは今年もこの人。
今年は2月に「オサエロ」大阪上演への参加、11月に「刀使ノ巫女」出演と舞台仕事が多かった竹内彩姫。
メール送信数1位こそ譲ったものの、メールを毎日6通、ブログを1日3件、舞台があっても公演があってもコンサートがあっても、1日も休むことなく何年も送り続けています。

そればかりではなく755、INSTAGRAM、Twitterなど外部のSNSも多用。選抜メンバーとしてアメブロの更新も忘れることはありません。
竹内彩姫のアメーバブログを読む

もはや永世SNSクイーンと言っていいでしょう。


2:中野愛理

メールスタートは今年の5月、個人ブログは9月にスタートしたドラフト3期生。
1日あたりのメール送信数No.2。送信数でも15位にランクインした次世代メールクイーン=メールプリンセスです。
メールはスタート以来1日も休んでおらず、ブログも平均1日1回更新。
10月以来メールは1日8通、「書くことが…」と悩みながらも長文のメールを送ってくれます。
他SNSでは釣り要素満載の新境地も開拓するなどSNS界隈で要注目のニューカマーです。




3:荒井優希

長らくメール送信数では1位2位を争っていたメールクイーン。メール毎日送信の記録こそ途絶えてしまいましたが、ブログは1ヶ月100回の更新を3年以上継続しています。
荒井優希の今年の最大のトピックは、「選抜総選挙」28位ランクインと最新シングル「Stand by you」初選抜入り。「よりぬきモバイルさん」でも、さっそく特集を組ませていただきました。

選抜入りということでアメブロもスタートしましたが、こちらも安定の毎日更新です。
荒井優希のアメーバブログを読む

GOOGLE+にもほぼ毎日出没、SHOWROOMも毎日アイドル150日に達するなど、いずれも更新数にかげりはりなく相変わらずのSNSプロフェッショナルぶりを発揮しています。




4:井上瑠夏

ブログは356回。
メールは1日約4通、いろいろなアイデアが込められたメールをほぼ毎日送り続けてくれました。
今年は地元熊本で、「熊本いきなり団子大使」「くまもと大好き大使」に就任、
S公演ではアンダーでセンターを努め、TV番組ではトークで爪痕を残すなど大活躍だった井上瑠夏。
メールの伸び率も第3位と大注目です。




5:井田玲音名

ブログは毎日更新、メールも年間で364日送信、しかも毎日の送信数にブレがない抜群の安定度を誇っています。
安定しているのは公式のSNSのだけではありません。ホームグラウンドの劇場公演でも抜群の安定度と存在感を発揮。
SKE48 LIVE! ON DEMAND名物の公演実況でも毎回「玲音名が目立つ」と絶賛。公演実況で生まれた「虎飼い玲音名」キャラ継続の是非にも注目が集まります。





6:高畑結希

今年メールを毎日送信したのは全メンバー中5人。その中のひとりが高畑結希です。
1日4通を毎日朝昼晩とまんべんなく送ってくれました。
ブログも345回更新と1日1回更新に届かなかったものの着実に更新を続けました。
愛すべきポンコツキャラが浸透し始めていますが、選抜総選挙2年連続ランクイン、ソロコンサートでチャレンジした落語のお仕事、四国リーグの応援など地元関連のお仕事などを地道にこなす努力の人です。





7:青木詩織

最初に紹介するのは青木詩織。メール送信数はほぼ毎日1日3通が送信されています。
ブログは1日2回更新で更新数は第2位です。今年はふるさと焼津での仕事が充実。
7月15日に焼津で行われた「踊夏祭り」でのミニライブでは、全曲センターという偉業を成し遂げました。
世界選抜総選挙の公約でもある「マグロ解体ショー」を見事にこなしたことも記憶に新しいはず。
来年の目標はさらなる焼津関連のお仕事の充実とか(「月刊 宇野常寛のラジオ惑星開発委員会」12/23配信分より)





惜しくも7人にとどかなかったとはいえ、送信数NO.1、メール毎日送信などなど、モバメル7に引けを取らないメンバーがたくさんいます。
そのメンバーを紹介します。