SKE48 Mobile

SKE48とは

SKE48とは

 東京・秋葉原を拠点に活動するAKB48の全国進出第一弾として、2008年7月に、名古屋・栄に誕生したアイドルグループ。本拠地の栄(SAKAE)の頭文字からSKE48(エスケーイー フォーティエイト)と命名される。のちに日本全国、そして世界に展開される48プロジェクトの先駆けとなった。
 名古屋の栄に建つ観覧車がシンボルのエンターテインメント発信ビルSUNSHINE SAKAEの2階にあるSKE48劇場(SKE48 THEATER)で、歌とダンス・トークから構成される約2時間の公演をS・KⅡ・Eの各チームと研究生で定期的に開催している。
 AKB48同様「会いに行けるアイドル」がコンセプトである一方、“地域密着・地域貢献”を活動テーマとして掲げていることも大きな特長のひとつ。地元・名古屋のテレビ・ラジオ番組やイベントに積極的に出演する一方、コンサートツアーや出張公演、握手会などを全国規模で展開。全国放送のテレビ番組や雑誌グラビアなどにも多数出演し、シングル曲はオリコンランキングで15作連続1位を獲得。2012年には結成以来の目標として掲げていた「NHK紅白対抗歌合戦」への単独出場を果たし、その後も、2013年・2014年と3年連続で単独出場を果たす。
 2016年6月現在、姉妹グループとの兼任メンバーを含め62名が所属。劇場支配人は、湯浅洋と芝智也(副支配人)の2名が務めている。激しいパフォーマンスと熱狂的なファンの掛け合いは48グループ随一との呼び声も高く、2015年、Wセンターを務めていた松井玲奈の卒業後、エース松井珠理奈がAKB48との兼任を解除。SKE48専任に復帰する。
 2016年6月に行われた第8回AKB48選抜総選挙では、松井珠理奈が3位。須田亜香里が7位を獲得。SKE48メンバーの約1/3とも言える総勢20名のメンバーがランクインを果たし、名古屋から全国へと止まらぬ勢いを発信し続けている。 (2016.6 updated)